DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

アマゾンのデジタルトランスフォーメーション成功要因の考察

デジタルトランスフォーメーションは、途方もなくてすごいことではない。小売業の場合、距離の店で品物を売るオンラインで売ることは、それ自体がデジタルトランスフォーメーションである。 

ユンジュンタクスタートアップイネーブル・ラボラトリーズ社の代表ところが、この分野で他の追随を許さない企業がある。世界のすべてのものを顧客が最も便利な方法で売る企業は、Amazonある。1994年に設立された流通業の恐竜企業Amazonは商品を売る方法だけでなく、仕事のやり方にもデジタル技術と哲学を盛り込んだ。だから、デジタルトランスフォーメーションの方向と方法論を考えている人にアマゾンの歩みは、優れた教科書と変わらない。

アマゾンが2013年から5年間に出願した特許6000件を分析した「アマゾンの専門家」であるスタートアップ「イネーブル・ラボラトリーズ」ユンジュンタク代表にアマゾンのみのデジタルトランスフォーメーション戦略と哲学を尋ねた。

アマゾンの最も驚くべき点は、驚くほどの顧客中心である。多くの企業が、顧客中心のサービスを追求する話が、実際にこれを実践している会社は多くない。顧客より企業の立場で考えて実行している場合が多いが、Amazonはこれを直接実践し、結果として示している。そして会社の戦略とIT技術がEコマースを見つめている。アマゾンは、様々な産業、ビジネスに進出し、IT技術も開発しているが、最終的にアマゾンの母胎であり、中心的なEコマースを抜け出せない。例えば、最近出てきたアマゾンと(Amazon Go)店は、顧客がちょうどものだけ持っていけば、自然に決済される。決済しようと並ぶ不快感をなくすために、人工知能・クラウド・センサーのようなIT技術を活用したものである。  


他の企業は、顧客中心の叫ぶがうまくいかない理由は何か顧客中心の革新が失敗するのは、企業のメンバーのすべての共感を得なかったからである。リーダーや役員でさえ、これを理解していない場合があります。お客様の問題が何であるかを把握し、解決する経験を実際にやってみていないメンバーは、企業中心の考え方で考えるしかない。アマゾンやアマゾンが買収した衣類、靴のショッピングモール者フォースでは、すべての従業員が顧客の中心で義務的に働いている期間がある。お客様の立場になって経験したことなくては、お客様を中心に買いにくい。

アマゾンとアプリ駆動画面。

アマゾンとアプリ駆動画面。
デジタルトランスフォーメーションは、Amazonを事例として見たときの技術が重要であるリーダーシップが重要である技術が最も重要だとの考えである。しかし、IT技術は、ツールだ。デジタルトランスフォーメーションの成功するかどうかは、最終的にはリーダーとメンバーの考えと企業文化にかかっている。どんなに良いIT技術があっても働いている人が受け入れなければ、デジタルトランスフォーメーションは不可能である。ここで会社のリーダーがデジタルトランスフォーメーションのための強力な意志とリーダーシップを発揮していることに基づいて可能と不可能に分かれる。デジタルトランスフォーメーションを追求するリーダーシップと企業文化が位置だけにしてIT技術は、光を発することができる。アマゾンが一日公開特許が3〜4件である。1年であれば、1000以上の特許が公開される。アマゾンが他の企業を圧倒するようにしてくれる強力な武器である特許もそのようなリーダーシップと文化から出てきた。

アマゾンが特許出願した飛んでいる物流センター
特許の中で最も革新的なことを紹介すると地下にトンネルを開けて発送する特許がある。天候の影響を受けないうえ、今よりもはるかに速く出荷することができる。同様に、空中に浮かせ用紙の確保の必要がない、物流センターの特許もある。冷蔵庫に各種センサーと人工知能を組み合わせた特許もある。冷蔵庫に付着したカメラと臭いセンサーが食べ物の写真を分析して、においを認知した後、人工知能が学習したデータと比較して食べ物が上海行っている程度を把握する。まだない出てきた、将来的には実現される可能性を持つ特許を続けて作り出している。   
想像力の源泉は何かアマゾンの特許は、本当に考えもなかった領域まで届いている。その源泉は、企業文化にある。アマゾン企業文化の根幹をなす14のリーダーシップの原則のうち「発明し、簡素化せよ」、「学び好奇心を持ちなさい」などがある。何の制限なしに、新しいアイデアを模索して、絶えず学び発見するように原則をすべての従業員に話している。ただ原則を広めるだけではなく、従業員が直接経験して失敗することを望んでいる。失敗から新たに学ぶことがあると信じにアマゾンは失敗を推奨する。特別なチームを置いて特許を作り出すのではなく、従業員誰でも新しいアイデアを生み出すことできるように奨励するプロセスがある。失敗に寛大に無限の想像力が発揮されるとすることができる。

アマゾンが公開した宅配便の発送のためのドローン。[AFP =連合ニュース]
他の企業と差別されているアマゾン企業文化だけの特徴は。アマゾンの「ワーキングバックワード(Working Backwards)プロセス」、すなわち「顧客からの逆であること」ではないかと思う。例えば、Amazonは、製品やサービスがリリースされた状況を想定してプレスリリースを事前に作成して、これに関連FAQ質問を事前に準備する。この仕事のやり方を介して顧客に最終的に転送するプロダクトを事前に想像して目標を明確にし働く。 

アマゾンが継続的なデジタルトランスフォーメーションと革新を行うことができる理由は。CEOのジェフ・べズ個人の能力も優れているが、アマゾンが今のような成長とデジタルトランスフォーメーションを達成することができた最大の要因は大きく2種類だ。企業文化の面では、ジェフヴェーザースアマゾン従業員と一緒に確立した14種類のリーダーシップの原則が20年間守られている。ここでアマゾンが苦労している時期、ヴェーザーススタンフォード大学のジム・コリンズ教授から紹介されたフライホイール(Fly Wheel)をアマゾンだけのもの定立した。アマゾンが成長し続けて革新をイルグォネルられた要素は、フライホイールが重要な役割をした。

アマゾンCEOジェフべズ

アマゾンCEOジェフべズ

アマゾンの14種類のリーダーシップの原則

1.お客様から始めなさい。顧客の信頼を得るために絶えず努力してください。
2.会社の代表という考えで行動しなさい。短期的成果のために長期的な価値を犠牲にしてはいけない。
3.技術革新と発明を続けて簡素化する。
4.多様な観点を追求し、自分の信仰を疑ってください。強力な判断力と直感を形成し。
5.常に学んで、自分自身を成長させて下さい。
6.最高レベルの人材を採用して育成する。
7.途方もなく高い基準を立て満たしてください。
8.成果を引き出すことができる大胆な方向性を提示してください。大きく考えてください。
9.意思決定は正すことができる。迅速に決定し、実行する。
10.緊縮財政が戦略と効率、発明を生む。最小限の資源で成果をノックアウト。
11.他の人々を尊重し、信頼を得て下さい。真剣に聞いて率直に話してください。
12.すべてのレベルの仕事を把握してディテールを拾う。
13.同意しない事案は面倒疲れも丁重に反対する。いったん決定されると、完全にサポートする。
14.正確な期限に適切な品質の成果物を出せ。

アマゾンのDX成功事例、Amazon Prime Now、AWS、Whole Foodsなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。