DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

コロナウイルス、米国で4,700万人の失業大恐慌の可能性

新型コロナウイルス感染症の影響で、米国で4,700万人の雇用を失う可能性がある見込みが出てきた。米国セントルイス連邦準備銀行が最近のブログで公開した研究報告書である。セントルイス連銀は今年第2四半期(4〜6月)のコロナ19に失業の危機に瀕している人口が最小2730万人で、最大6680万人に達すると見た。この数値を単純平均すると4705万人出てくるという計算だ。

「米第2四半期の失業率32%」の警告出て、中国1〜3四半期の成長率-9%の観測も「輸出企業だけ1,800万人失業」

米国で経済活動が可能な人口は、今年2月基準で1億6450万人である。このうち失業者は576万人である。もしセントルイス、FRBの計算が現実になれば、失業率は32.1%でチソトヌンダ。米国の経済活動人口3人に1人は失業者になるという話だ。大恐慌が絶頂にチダトドン1929〜32年、米国の平均失業率(約25%)を超える数字だ。

レポートを作成したセントルイス連銀のエコノミスト、パリああにカストロは「政府が推進している景気浮揚策と失業給与、小商工人支援の効果を考慮していない数値」とし「研究を総合すると、失業率が10.5%で40.6%の間になることがという結果が出ている」と書いた。

米国労働省は先月16〜21日の一週間328万人の失業手当を申請したと発表した。前週の28万人と比較して10倍以上急増した。労働部が関連統計を取り始めた67年以降、最大規模だ。工場が閉鎖され、店のドアを閉める」シャットダウン」措置が本格化し、失業大乱が迫っているという意味である。

中国の状況も良くない。日本の野村證券は、1〜3四半期の中国の経済成長率が-9%(前四半期比)で墜落することができると説明した。それとともに、輸出企業を中心に1800万人の雇用を失う可能性があると予想した。

31日、中国国家統計局が発表した3月の製造業購買担当者指数(PMI)は52.0を記録した。伝達(35.7)より大きく高まった。PMIは、生産者が見る試合レベルを示す。50を超えて数値が上がるほど、景気がいいという意味だ。しかし、光沢回復にとどまることができないという懸念がある。ロイター通信は、「中国経済が回復すると判断するのは危険である」とし「コロナ19による二次衝撃が中国に臨む可能性が高まっている」と伝えた。

「福祉先進国」と言われる北欧も雇用不安で例外ではない。ブルームバーグ通信は、ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、デンマーク、アイスランドで73万5000人が失業した先月30日、報道した。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。