DX関連ニュースや事例、ソリューションのご案内。

サムスン重工業のデジタル造船所プロジェクトが加速

韓国マイクロソフトがサムスン重工業とデジタル造船所転換のための戦略的パートナーシップを締結した。サムスン重工業は、マイクロソフトクラウドをベースにしたITソリューションと技術ノウハウを活用し、低コスト・高効率造船所への転換を加速化する計画だと29日明らかにした。 

サムスン重工業は2019年から「スマートS​​HI(Smart Samsung Heavy Industries)」と命名したデジタル転換戦略を樹立し、設計・購入・生産など造船所全域にわたってデジタル技術を活用して業務革新を推進している。

巨済造船所内の超高速無線ネットワークをベースにしたモバイル業務環境を構築し、「ペーパーレス(Paperless)ヤード」に変貌しており、モノのインターネット(IoT)、データ自動化技術などを活用した生産体系の知能化、RPA(Robotic Process Automation) )を通じた繰り返し事務自動化など、マイクロソフトの技術を活用して生産性を高めることに集中している。

サムスン重工業はここに加え、マイクロソフトクラウドアザー(Azure)、人工知能(AI)、コラボレーションソリューションチームズ(Teams)、メタバス技術などを活用し、各部門に散在しているデータと情報をデジタル仮想空間にした。強力なコラボレーションシステムを構築することで、ワークフローをさらに効率化していく予定だ。

サムスン重工業配進した経営支援実装(CFO)は「造船所のすべての情報を先端IT技術で処理するデジタルトランスフォーメーションがスマートSHIの究極の目標」とし、「これは超格差エコ技術とともにサムスン重工業の持続可能経営を実現する」強力な競争力になるだろう」と強調した。

韓国マイクロソフトイ・ジウン代表は「サムスン重工業のデジタル転換が、マイクロソフトクラウドに基づく最新技術とソリューションを通じて、朝鮮海洋産業における代表ITイノベーション成功事例になるように積極的に協力していく計画」と話した。