DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

スマートシティ時代のサイバーセキュリティ新しい保険商品開発へ

既存の都市システムのデジタル技術を結合して、市民の生活の質を向上させるスマートシティが世界的に急速に広がっている。これにより、災害、事故、犯罪などの都市で発生する可能性のリスクが大幅に減少すると期待されるが、大量のデータが収集されて連携されている特性上、サイバーセキュリティの問題も浮上している。

グローバル保険会社が新たなリスクに備えるためのカスタマイズされた商品の開発を推進している中で、韓国でも本格的にスマートシティ事業がアンカーを上げながら、国内保険業界の関心も大きくなると思われる。

9日、金融圏とIT業界によると、スマートシティは、住宅の情報通信とビッグデータは、物事インターネット、センサー、地理空間、人工知能などの情報通信技術を結合して利便性を追求したスマートホーム都市規模に拡張された概念で定義される。このようなスマートシティは、革新的な技術を用いて都市運営の効率化を図ることにより、健康と時間の削減、利便性、安全性、居住費、環境などの生活の質を決定する主な要因を向上させることができるものと予想される。

現在、世界的なスマートシティでは、英国のロンドンとアメリカのニューヨーク、オランダのアムステルダム、フランスのパリなどが挙げられる。この中で代表的にアムステルダムは警察、消防署、救急サービスが連携した都市警報システムの構築に救助者のためのリアルタイムガイダンスを提供して、通勤車両共有プラットフォームを提供してモビリティを増大している。エネルギーを共有するスマートグリッドシステムの導入にエネルギー使用量を削減している。

スマートシティ技術の進歩は、災害や事故、犯罪などの都市で発生する可能性のリスクを低減する効果がある。スマートシティは、火災や洪水などの災害リスクを早期に警報し、緊急事態に対処時間を短縮災害を予防したり、損害を減少させることができる。

また、リアルタイムで収集された交通情報に潜在的な事故を予測し、ドライバーに代替パスを提供するなど、スマートシティは、交通事故の減少にも貢献できるものと期待される。このほか、犯罪活動が予想される地域にパトロールを強化したり、歩行者の動きを感知して作動するスマート街灯設置を介して、暴力犯罪率を下げることもできる見通しだ。

しかし、大量のデータが収集されて連携して運営されているスマートシティの特性上、サイバーリスクに脆弱であり、個人情報の流出が問題になることがあるという指摘が出ている。スマートシティは、電力網のような主要なインフラストラクチャ情報がインターネットを介して接続された特性のために、サイバー攻撃に脆弱で、システムに対するサイバー攻撃が大規模物理ダメージにつながる結果をもたらすことができる。

実際に2017年にスウェーデンでは、交通局電算網に対するサイバー攻撃のために列車が遅れている事故が起きた。2014年には、ドイツの製鉄所がフィッシングEメールでハッキングされ炉が閉鎖され、数百万ドル規模の経済的被害が発生した事例もある。

このため、世界の主要保険会社は、スマートシティの時代に合わせた新商品の開発を進めている。グローバル保険会社であるアリアンツは、ドイツのドルトムント市とスマートシティのパートナーシップを締結し、投資・協力する一方、シンガポールにスマートシティの住宅、交通、ヘルスケアを研究するイノベーションラボを設立した。

新型の移動手段と、長時間停電、サイバーリスクなどの都市に関連する新たなリスクについての広範な研究を通じて、大規模な損失に備える一方、新たな保険商品の開発に活用している。ムウィンヘンリは、スマートホーム技術を開発するインシュ語テック企業に投資して、ボッシュとのパートナーシップを通じて、物事インターネット環境のリスク管理と商品アイデアの開発に乗り出した状況である。

ホンミンジ保険研究員は、「大量の個人情報を収集・分析・保存するスマートシティの特性上、個人情報の流出も深刻な問題になることがあるという懸念が提起されている」とし「個人の位置情報が犯罪に使用されたり、個人情報を利用した個人情報の盗難も発生することがある」と説明した。