DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

テスラ、韓国での基幹通信事業を届け出。コネクテッド・カーの競争がいよいよ本格化へ

テスラ・コリアが基幹通信事業を営むために、国内初の基幹通信事業を申告した。

科学技術情報通信部は2020年4月28日、電気自動車の輸入・販売会社テスラ・コリアが電気通信事業法で規定している報告要件をすべて満たしたと判断したと発表した。

テスラは自社の電気自動車の販売および顧客の利便性のためコネクティビティサービスを提供し、国内販売テスラ車(LTEモデム内蔵)に通信事業者の基幹通信役務を利用して、リアルタイムの交通情報、音楽・ビデオのストリーミングサービスなどをできるようになった。

関連報告要件は、①自分の商品又は役務を提供しながら、付随的に期間通信役務を利用すること、②付随的に利用する機能を削除しても商品又は役務の提供が可能であること、③特殊番号電話サービス(112、119など)利用を除き、音声通話が不可能、④利用料金を請求することなどである。

科学技術情報通信部は、昨年6月の自動車、家電などの通信ではなく、産業分野に従事している事業者が基幹通信役務が付随的に含まれている商品や役務を販売しようとするときは、登録の代わりに「申告」するように進入規制を緩和した。

今回テスラコリアの基幹通信事業者への進入は、参入規制緩和法施行後の最初の期間の通信事業届出事例だ。現在、現代・起亜、双竜、ルノーサムスン、BMW、メルセデスベンツ、アウディ、フォルクスワーゲン、ポルシェなどの自動車会社は、参入規制の緩和法の前に別定通信事業の登録を介してサービスを提供していている。

科学技術情報通信部は、今後の期間の通信事業」申告」制度の広報を強化してウェアラブル、自転車、運動靴など他の産業分野で基幹通信役務を付随的に利用する融合サービスの通信市場を拡大する計画である。

この記事は海外scimonitorsの記事をDX推進部が日本向けに編集したものです。

Tesla Korea has declared the country’s first mission-critical telecom business to operate.

The Ministry of Science, Technology and Information and Communications announced on April 28, 2020, that Tesla Korea, an electric vehicle import and sales company, has met all reporting requirements stipulated by the Telecommunications Business Law.

Tesla provides connectivity services for the sale of its electric vehicles and for the convenience of its customers, allowing Tesla vehicles sold in Japan (with built-in LTE modems) to use the carrier’s backbone communications services to provide real-time traffic information, music and video streaming services, and more.

The relevant reporting requirements include (1) incidental use of period communication services while providing one’s own goods or services, (2) the provision of goods or services is possible even if the incidental use function is deleted, (3) voice calls are not possible except for use of special number telephone services (112, 119, etc.), and (4) billing for use.

The Ministry of Science, Technology and Information and Communication eased the entry restrictions in June last year to “declare” instead of registering when businesses engaged in industrial fields, rather than communications such as automobiles and home appliances, attempt to sell goods or services that incidentally contain mission-critical communications services.

Tesla Korea’s entry into the mission-critical carrier is the first case of a telecom business notification after the deregulation law came into effect. Currently, car companies such as Hyundai-Kia, Ssangyong, Renault-Samsung, BMW, Mercedes-Benz, Audi, Volkswagen and Porsche are providing services through the registration of separate telecommunications businesses before the Relaxation of Entry Restrictions Act.

The Ministry of Science, Technology and Information and Communication plans to strengthen the publicity of the “declaration of communication business in the coming period” system to expand the communication market for converged services that incidentally use mission-critical communication services in other industrial fields such as wearables, bicycles and athletic shoes.