DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

デジタル技術革新を成し遂げることができる環境を構築することがDX成功への道

MEMO
デジタルトランスフォーメーション(DT)への道にウェアラブルとスマートウォッチ、スマートホームなど、様々なデバイスツールとAR / VR、AI、そして第4次産業革命というキーワードが置かれている。そして、その中心にはいつも携帯電話がある。企業が成功したデジタルトランスフォーメーションを構築するために必要な技術とモバイル技術との相関関係も綿密に調べ移行する必要がある。デジタルトレンドとデジタルトランスフォーメーションについて説明し、成功したデジタルトランスフォーメーションの構築のために視野が求められ行うものは何なのかの事例と方向を紹介する。

企業が持っているデジタル能力を最大出力に高め、これにより、物理的な世界とデジタル世界を結ぶ産業インターネット時代のリーダーとしてよく挙げられるのがまさにGEだ。GEは4次産業革命が台頭するはるか以前から、すでに自社のビッグデータ分析技術と産業の顧客の効率性、生産性を飛躍的に向上させる独自のアプリケーションを運営している。さらに産業用のもの、インターネット(IoT)とクラウドベースのソフトウェアプラットフォームプレディックス(Predix)をPaaS(Platform as a Service、サービスを開発することができる安定した環境(Platform)とその環境を利用するアプリケーションまで開発可能なAPIの技術)の形で提供しながら、業界データのユニークで複雑な問題を解決している。

一言でGEはプレディックスをベースにサービスされている資産パフォーマンス管理(APM:Asset Performance Management)ソリューションとサービスマックス(ServiceMax)、サイバーセキュリティソリューションを通じて、デジタル産業化の最適化を助け、新しい成果創出を助けることに焦点が当てられてている。生産性革新支援であるわけだ。

GEの「プレディックス」は、各種産業データのユニークで複雑な問題を解決することはもちろん、4次産業革命に効果的な対応のために特別に設計されたプラットフォーム技術です。GEが最初に研究開発した世界初の産業インターネットプラットフォームは、航空業界はもちろん、各種ユーティリティや製造業に至るまで、広範囲に適用されており、GE独自のデジタルトランスフォーメーションを推進するために原動力となっている。デジタルトランスフォーメーションは、4次産業革命時代の流行ではなく、その事業場の事業継続性と革新を通じた競争力の向上であり、産業界でより重要なことはない。

では、なぜ今、デジタルトランスフォーメーションを思い出しべきであるか 過去10年を振り返ってみよう。モバイルからクラウド、IoT、人工知能、AR / VRなど、これまでのデジタル技術は飛躍的な発展と革新的産業の自動化はもちろん、知能化が加速され、企業経営の側面はもちろん、顧客管理とビジネスモデルは、業務プロセスなどの従来の方法とは全く他の新しいアプローチを要求し始めた。

先の例を聞いたGEは、産業、インターネット、ソフトウェアプラットフォームプレディックスを2016年7月にMSのクラウドサービス「エジョ」で駆動するために戦略的提携を結んだ。また、同じ時、中国のHuawei社と戦略的パートナー関係を宣言しプレディックスベースの産業インターネット戦略を共同で推進している。どこそれだけなのか。アディダスはどうなのか?3Dプリンティング、ロボット、先端の自動化機器に製造工程を革新した「スピードファクトリー」として2016年末にドイツでの労働者はわずか10人で、50万人履けるスニーカーをカスタマイズ生産するまで至った。すべてのデジタルトランスフォーメーションの革新を導入した結果だ。

技術が発達し、産業間の境界が曖昧になり、技術革新が企業の生存と結びついされ、デジタルトランスフォーメーションは、企業の話題になった。革新企業は、各業界のルートでデジタル技術を正しく適用して、顧客の価値を見つけて提供し、効率的なプロセスを導入し、新たな市場と顧客ニーズを把握し、既存事業者の領域を縮小させ、代わりに自分の領域を広げている。

電子商取引企業であるアマゾンはすでに50年の伝統のウォルマートの時価総額を超えた久しい。宿泊共有企業であるエアベッド&ブレックファストも有名伝統ホテルのマリオット・インターナショナルの企業価値を上回った。電気自動車企業テスラは最初から設計から製作、販売などの既存の自動車産業の伝統概念を芽裏返し自動車産業のトレンドを再照明している。(2015年8月にあたり、アマゾン2,398億ドル/ウォルマート2,084億ドル、エアベッド&ブレックファスト240億ドル/マリオット210億ドル、デジタルリテールコンサルティンググループ提供)

次に、デジタルトランスフォーメーションは、果たして何に定義することができますか?市場調査会社IDCは、「企業が新たなビジネスモデルや製品、あるいはサービスの創出のためのデジタル能力の活用を通じて、顧客や市場の変化に対応したり、これを推進するためのプロセス」と定義している。また、IBMは、「企業がデジタルと物理的な要素を統合して能動的であり、新たなビジネスモデルを変化させ、企業の新たな方向性と革新を確立するための戦略」と示している。まとめると、企業がデジタル時代に積極的に対応して生き残るために、革新的なIT技術を導入し、企業の戦略と組織、プロセス、文化などを根本的に変化させる経営戦略であるわけだ。

ほとんど「私たちの企業は、製造企業であるが、どのようIT企業になることができるか」と疑問を表示することができる。Amazonは書籍流通業で始めAWSを開発し、IT技術革新を積極的に試みて、今日に至っている。先GEも冷蔵庫を作っていた家電企業であった。両社は現在、オンラインと電子技術などを代表する企業がされていなかったか スターバックスも同じだ。2008年マクドナルドとダンキンドーナツが歌声非良いコーヒーとドーナツの市場を攻略しようスターバックスは売上高が急減した。そのような状況では、ハワード・シュルツCEOは顧客の注文から決済、報奨など、すべてのプロセスにデジタル技術を導入し、日々の顧客の経験を反映した革新的な事例として売上を回復し始めた。これは積極的なデジタル技術の導入の力である。

今、デジタルトランスフォーメーションは、単にIT企業だけ参照していない。製造業でも出版あれ流通も、農業でもその産業間の障壁を崩しITを中心に再編されている。いくつかの企業でも、工業でも選ばず、企業の全社的な力を一つに集めてITで固く団結し、デジタル技術革新を成し遂げることができる環境を構築するために努力しなければならない。急変するデジタルトレンドに適応して合わせていくためには、これを準備して能動的に導入する企業だけが、デジタルトランスフォーメーションを成功させることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。