DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

韓国ハンファ、全社レベルのデジタルトランスフォーメーションとスマートファクトリーの構築

ハンファグループは、主要系列会社の情報通信技術(ICT)を適用し、4次産業革命の時代を備えている。今年初めの新年の辞でキム・スンヨンハンファグループ会長は「一流ハンファの「事業別リード地位」と「未来価値」を継続的に確保し、新たな10年の跳躍を準備する一年にならなければならない」とし「全社レベルのデジタルトランスフォーメーションを加速して、4次産業革命時代の競争力を積極的に確保していこう」と注文した。

ハンファグループは2022年までに航空機部品、防衛産業分野の海外進出とグローバル競争力の強化に4兆ウォンを投資する計画である。これをもとに、今後のハンファ・エアロスペースの航空エンジン事業を積極的に育成する予定である。

昨年、米国航空エンジン部品の専門メーカーであるイダク(EDAC)を約3億ドル(約3570億円)で買収完了しハンファ・エアロスペースの子会社である「Hanwha Aerospace USA」を発足させた。これにより、米国のゼネラル・エレクトリック(GE)とプラット・アンド・ホイットニー(P&W)など世界のエンジンメーカーの隣接拠点での受注拡大と製品ポートフォリオの拡張が可能と期待される。様々な製品の高難易度の加工技術力を確保するなど、さらなる事業の競争力強化を予想している。

ハンファ・エアロスペースがグローバルエンジンメーカーの最先端のエンジンに入る世界最高水準の技術力を備えるため、スマートファクトリーの構築を目指し、約1万1000m²(3310坪)の規模で、約1000億ウォンを投資して設立した慶南昌原エンジン部品新工場は、そっくりのロボット展示場を彷彿させる。

無人搬送ロボット(AGV)は、事前に入力された生産計画に基づいて資材倉庫から自動的に製品を移す。自動組立ロボット、研磨ロボット、溶接ロボット、物流搬送ロボットをはじめとする先進的な設備80台余りが作業者なしで定められた工程に合わせて計画通りに柔軟な生産システム(FMS、Flexible Manufacturing System)に基づいて休む暇もなく、24時間稼動している。

このようなスマートファクトリーの構築の結果、2016年米(美)GE社の次世代エンジンであるリーフ(LEAP)エンジン部品の生産を開始し、2017年には、米P&W(Pratt&Whitney)社GTF(Geared Turbo Fan)エンジンに装着されている一体式ローターブレード(IBR)3種とGE社のリーフエンジン用ディスクなどを生産するなど、先進的な航空機エンジンの高付加核心部品を担当している。

ハンファキューセルもハンファグループの製造工場の一つの軸で、米国を含む世界の先進市場のほとんどの生産量を納品する鎮川工場の場合、スマートファクトリが構築されている。

鎮川工場は、太陽光セルの原材料であるウェハ着からモジュール出荷までの全工程が自動化されており、製造実行システム(MES、Manufacturing Execution System)ベースのスマートファクトリが実装されている。

このように、最先端の工程で製造するハンファキューセル太陽光製品は、韓国だけでなく、主要な太陽光先進市場の米国、日本、英国、トルコ、オーストラリアなどで市場シェア1位を占めている。特に韓国製造業の墓と呼ばれる日本の市場シェア1位を達成はハンファ太陽電池の技術力と品質力を証明してくれる好例できると会社側は説明した。

ハンファ放散関連会社は、既存の技術開発力をもとに先端化/知能化/無人化ソリューションの開発に邁進して新しいビジネス機会を模索している。これにより、国防部が4次産業革命の時代に合わせて推進するスマート国防革新実装など、業界全体の急激な技術パラダイムの変化に積極的に対応していく計画である。

ハンファシステムは放散とICTの融合に基づいて△無人/知能化先端武器体系△スマート警戒監視やサイバーセキュリティ△エアタクシー(PAV)など合併シナジーを本格化、新しい食べ物を発掘している。国防科学研究所主管「複合任務無人ことが想定」の開発事業(2015〜2019)を正常に実行された技術力を基に、2018年から独自の投資を通じて、無人ことが想定」オーラ(AURA)」を開発した。オーラは無人受賞定義任務計画、障害物を認識し、自律飛行などの先端AI技術が搭載された。国際海上衝突防止規則(COLREG)ベースの衝突回避技術で前方の障害物を自律的に回避することができ、学習ベースのパス追従航行、AI映像標的自律認識機能も適用して運用の介入なしに自律的に任務を遂行することができる。自律航行に沿岸に埋設された機雷と海底面を移動することができる自律無人潜水艇の開発にも成功しました。本海洋無人システムは、将来のシステムの開発を通じて軍用だけでなく、海岸監視/ナビゲーション、遭難者救助など、民間分野でも活発に活用される見通しだ。

また、ハンファシステムは「EO / IR連動ドローン監視レーダー事業」を通じて、ETRIとドローン監視用レーダーを開発中で、この連携したドローン専用の監視センサーとアンチドローンソリューション商品化を準備中だ。

ハンファも4次産業革命の時代を迎え、兵器システム先端化を積極的に進めている。
高出力レーザー技術を適用した未来型兵器システムの国産化がその一つだ。レーザー爆発物ハンドラは、識別された即席爆発装置と不発弾をレーザーを用いて迅速かつ安全に無能化させる爆発物処理装置として小型トラックに搭載されて運用する。新概念の技術実証課題に選定されて、2011〜2013年の3年間の開発を完了した。ここで積んだノウハウをもとに、’19年、防衛事業庁主管のレーザー対空兵器システム開発事業を国内で初めて受注し、国防科学研究所主管で試作品を開発中である。

ハンファディフェンスも将来戦場に対応する新製品の開発に力を入れており、国防分野4次産業革命をリードしている。国防ロボット分野システム総合メーカーとして、将来戦で人命の損失を最小限にする複合戦闘システムを実現するために、国防ロボット政府研究課題を遂行している。10年以上前から、国防科学研究所主管で犬馬ロボット、小型監視偵察ロボットなどを開発し、小型〜中・大型級を網羅さまざまな国防ロボット技術を確保した。

現在は、防衛事業庁の課題に爆発物検出/除去ロボットを、国防科学研究所主管で歩兵用多目的無人車両を開発中である。歩兵用多目的無人車両は、アクティブセーフティリモート走行、静音走行/境界、夜市/ホムジ高速走行、遠隔射撃統制、先行車両追従走行が可能な代表的な国防ロボットで、戦闘部隊先端から危険地域の調査/偵察/境界/交戦任務を遂行することができる。これらの国防無人ロボットソリューションは、開発が完了したら、私たち軍の人命保護と兵力削減に大きな助けを与えることが予想される。

主・夜間の検出と追跡、安定化制御、リモート射撃機能などを介して様々な武器体系の先端化と戦闘能力の向上に貢献しているリモート射撃統制システムも開発に成功した。特に艦艇用リモート射撃統制システムはハンファディフェンスが国内で初めて次期高速艇、港湾警備艇などのトラップに戦力化したもので、最新の巡視船、高速性、戦闘艦の近接防御用に運用される。また、最近の軽量型リモート射撃通システムの開発にも成功しており、軍戦力増強に貢献しようと努力している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。