DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

フェイスブック、在宅勤務期限年末まで延長

フェイスブックが来る7月に予定さ在宅勤務期限を必要に応じて、年末まで延長する方針だとCNBCが7日(現地時間)伝えた。

マーク・ザッカーバーグ、FacebookのCEOは社内公知を通じて個人在宅勤務期間を自由に調整できるようにする予定だと明らかにした。 

Facebookは、在宅勤務期限が終わる7月6日から通常の出勤勤務を開始する。しかし、個人や所属部署の判断と条件に基づいて、2020年末までに自宅で仕事をすることも可能である。

フェイスブックは、全体の従業員に1000ドルの災害ボーナスを提供し、2021年7月までに50人以上集まる大規模なオフラインイベントを進行していないと公表するなど、コロナ関連最も積極的な社会的距離を置くを実践する米国IT企業の一つ通じる。

グーグルも5月末に定めた在宅勤務期間を選択的に延長する計画だ。純違う血違い、GoogleのCEOは従業員会議で、年末までに在宅勤務延長するかどうかを個人が選択できるようにする方針だと伝えた。

2020.5.9追記

世界最大の検索エンジン企業のグーグルの親会社アルファベットも6月から部分的にオフィスの運営を正常化の動きを見せている。アルファベット最高経営責任者(CEO)の順違うお互いこれ7日夜、従業員に送った電子メールで、早ければ6月から10〜15%の従業員だけ出勤するようにして、オフィスを再起動する計画だと明らかにした。CEOは優先的に出勤することになるスタッフも特別な装置を使用するなど、業務の特性上、オフィスに出なければなら人になると説明した。しかし、在宅勤務をしながら業務を処理することができる従業員の大半は、より長い時間、自宅で働くことになるだろうと”多分年末までになることもある」と付け加えた。