DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

ボストンダイナミクスの歩行ロボット、ソーシャルディスタンスの役割に一役買う

ボストンダイナミクスの歩行ロボットスポットがコロナウイルス伝播を防ぐために、シンガポールの公園で試験運用されていると報じられた。

最近、シンガポールはコロナ封鎖令を一部緩和し、市民が近くの公園で運動することができるようにしたが、シンガポールの公園を訪れる人々は、黄色のロボット犬に会うことができる。

この公園ではスポットロボットは公園を散歩する人々に適切な社会的距離を置くことを想起させるメッセージを発信する。また、画像解析機能を備えたカメラがスポットロボットに装着されて公園の訪問者数を推定することができる。このカメラは、特定の個人を追跡したり、認識することはしない。そして、個人データは収集されない。

シンガポールの300を超える公園を管理しているシンガポール国立公園委員会」NParks」とスマートネーションとデジタル政府庁(Smart Nation and Digital Government Office、SNDGO)は2週間の間のスポットロボットを試験導入するために協力している。

この公園は、スポットロボットを遠隔的に管理し、ロボットに搭載されたセンサーは、ロボットが公園をパトロールする時、人や障害物を避けるように助けてくれる。シンガポールの英字紙「ストレイツ・タイムズ(The Straits Times)」は、最近、スポットロボットが公園で活動する映像を公開した。

最近スポットロボットは、米国ボストンの病院での医療スタッフのコロナ19ウイルスの露出を減らすために診療を待っている患者と医療スタッフが互いに通信することができる役割を務めた。