DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

ポストコロナの有望な未来技術25選。デジタル移行が加速する領域。

◆ヘルスケア領域の変化、医療システムのデジタル移行を加速

ポストコロナ時代にヘルスケア分野では、医療システムを人工知能(AI)化し、関連データを共有するなど、デジタル転換を迎えるとみられる。 主な技術の一つは、「デジタル治療」だ。精神疾患を治療してトラウマを克服するなど、既存の医薬品や医療機器を補完する目的で活用するためのソフトウェア(SW)のコンテンツ技術である。 「AIベースのリアルタイム病気の診断技術」は、医療ビッグデータをAI技術で分析し、患者の病気の有無をリアルタイムで判断し、適切な治療法を提示してくれるSW技術である。この技術を活用すれば、家庭での健康状態を自ら診断し、病院の治療と連携して健康管理を行うことができる。 健康状態を監視する「リアルタイム生体情報計測・分析技術」も、時間と場所にとらわれずに、個人の生体情報を収集し、分析し、急性疾患を予防することができる。

◆教育分野の変更、オンライン教育が日常化し、関連するコンテンツの需要が拡大

教育分野での最大の変化は、非対面教育である。「実感型仮想・混合現実技術」は、ユーザーの感覚情報をリアルタイムで計算し、現実的な仮想・混合現実を実装してくれる。対外活動が困難な障害者や子供、お年寄りなどの特殊教育に活用することもできる。

「AI•ビッグデータ基盤カスタム学習技術」でユーザーのレベルに合ったトレーニングを受けることもできる。AIが既存の学習データをリアルタイムで分析し、難易度を調節して、学習者にカスタマイズされた教育を提供する。対面とオンライン講義への参加が困難な学生を支援し、教育福死角地帯を解消することができる技術の一つである。

政府は、順次オンライン開学でオンライン教育のためのインフラストラクチャの重要性を実感した。「オンライン授業のための大容量通信技術」を利用すれば、解決策を見つけることができる。この技術は、オンライン講義やビデオ会議などの大容量コンテンツを迅速かつ確実に伝達するために、トラフィックを分散させ、ユーザーに配信するネットワーク技術である。国・公立学校遠隔授業インフラの構築とオンライン教育プラットフォーム(MOOC)の連携などに活用することができる。

◆交通領域の変化、公共交通機関利用を避けて環境に配慮し移動手段好む

コロナに医学専門職は感染症の疑い者移送に困難を経験した。しかし、将来は、この悩みを解消することができるかもしれない。「感染の者移送用自律走行車」の技術は、感染の疑い者の自宅と病院を接続する自律走行サービスだ。この技術で現場への接近が困難な自然災害や放射能などの危険な状況に対応することができる。

「パーソナライズされたラストマイルモビリティ」は、公共交通機関の利用後、最終目的地まで移動するための個人及び小型移動手段である。個人及び小型移動手段と公共交通機関の連携で都市交通量を減少させることができる。

ビッグデータにさまざまな交通手段を統合して、顧客に合わせたソリューションを提供する「統合交通サービス(MaaS)」も有望技術に名前を上げた。公共交通機関回避現象に基づいて、個人の効率輸送の活用を支援する技術である。

◆物流領域の変化、オンラインでの購入が増えて精密配送サービスの需要拡大

「ICT基盤物流情報統合プラットフォーム」は、ビッグデータとモノのインターネット(IoT)、ブロックチェーンをもとに、物流情報をデジタル化し、プラットフォームを標準化して、リアルタイムの予測出荷、在庫管理を実現する技術である。物流システムの全過程をリアルタイムで確認することができる。

「配送用自律走行ロボット」も、近い将来に会ってみることができる。また、自律走行車やスマート宅配するなど有望な技術で選ばれた。

「流通物流センタースマート化」は、物流センターでは、製品及び部品着や出荷まで少量多品種多頻度貨物処理を知能化、自動化する技術である。物流センターの大型及び危険業務処理が可能で、スペース活用を最適化することができる。

◆製造領域の変化、ICT技術組み合わせて、生産性の向上に努力拡大

「デジタルツイン」とは、コンピュータに現実の中のものの双子を作って、現実に発生する可能性のある状況をコンピュータでシミュレーションして結果を予測する技術である。スマート工場のオペレーティングシステムを高度化することができ、製品の生産工程を短縮するために活用することができる。

技術的に、人間の身体能力を向上させることもできる。「人間増強技術」は、科学技術を使用して、人間の認知能力や身体能力を高めてくれる生命工学、電子工学、機械工学の技術の組み合わせである。

「協働ロボット技術」は、生産現場でのロボットが人間と対話できるように設計されて技術である。この技術で、ロボットが単純な繰り返し作業や精密作業、危険作業などを行うことができる。

◆環境領域の変化、先端科学技術の融合した環境技術のスマート化の傾向持続

「医療廃棄物収集・運搬用ロボット」は、追加の感染予防と安全廃棄物処理のために必要な自動化技術である。医療スタッフと確診者が使用する衣服や手袋などの医療廃棄物を収集し、廃棄場所に運搬するロボットである。

「人獣共通感染症統合管理技術」で人と動物の間の相互伝搬可能な病原体を管理することができる。この技術で動物感染症や人獣共通感染症の防疫システムを高度化することができる。

◆文化領域の変更、ホームエコノミー切り替えに物理的な空間で行われる文化産業打撃

社会的距離を置くために、スポーツや公演などの集団の文化生活の需要が減少しており、文化産業打撃を解消するための技術的解決策が必要な状況である。

「実感中継サービス」は、バーチャルリアリティ番組のように、視聴者の現実感と没入感を増加させて、新しい視聴体験を提供することができるリアルタイム実感型映像・音響サービス技術である。観客ない文化・宗教・スポーツイベントのサポート、旅行業の連携などに適用することができる。

「ディープフェイク検出技術」も挙げられた。AI顔面マッピング(Facial Mapping)技術を用いて作成された偽の映像であるディープフェイクを検出し、その映像の偽造かどうかを明らかにする技術である。しかし、この技術を利用した新種の詐欺や金融犯罪など先制的対応が必要である。

ドローン映像を活用した技術もある。「ドローンGISの構築と3D映像化技術」は、ドローンで取得した画像データを用いて地理情報データを構築した後、処理工程で3D映像化する。3D映像をもとに都市設計と災害対応、観光などに活用することができる。

◆情報セキュリティゾーンの変更、ビデオ会議、在宅勤務などの民間企業の非対面業務形態日常

多くの企業や機関などがコロナで業務プロセスのビデオ会議を導入した。したがって、安心してビデオ会議を行うことができるビデオ会議セキュリティ強化の需要が高まった。

「ビデオ会議のセキュリティ性の確保技術」は、既存のビデオ会議のセキュリティ性を強化し、参加者の認証とデータ転送、録画制限など、さまざまな機能を提供する技術である。

セキュリティ分野に量子技術も活用する。「両者からみ力画像のセキュアな通信技術」は、量子もつれ現象を利用して、現在の通信システムの安全性を強化したり、情報を直接伝達する形態の通信方式である。

コロナ対応のための個人情報の収集の過程で、プライバシーの侵害の問題が主な懸案として浮上した。これプライバシー対策も出てきた。「同型暗号利用の動線追跡システム」は、暗号化を解除せずに演算が可能な同型暗号を利用する。個人情報を保護しながら動線追跡機能を提供することができるシステムである。