DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

マイクロソフト、業績好調。コロナ影響下で加速するデジタルトランスフォーメーション

世界最大のソフトウェア会社であり、時価総額1位企業でもあるマイクロソフトが新型コロナウイルスの拡散による景気低迷の中でも明らかな成長を続けた。

1月から3月までの会計年度第3四半期の業績集計結果マイクロソフトは、クラウドコンピューティング事業の高成長に支えられ、純利益が前年同期比22%増の108億ドル(一株当たり1.4ドル)を記録した。売上高も15%成長し、350億ドルを撮った。先のアナリストは、Microsoftが前四半期株当たり1.27ドルの純利益に337億ドルの売上高を記録すると予想した。

新型コロナウイルスにいくつかの米国企業が業績に打撃を受けて、今年の目標値も下げている状況でも、マイクロソフトが成長を続けることができるようなエンジンは、クラウドコンピューティングであった。

サービス型インフラ(IaaS)クラウド部門であるマイクロソフトエジョプラットフォームの売上高は、前四半期の59%成長した。クラウドコンピューティングは、その前からも、マイクロソフトの成長エンジンの役割をしたが、コロナ19拡散後の企業が在宅とリモートの業務を増やし存在感をさらに育てた。これに対してサトヤ・ナデラMicrosoftのCEOは、「2年間の価値に相当するデジタルトランスフォーメーションを2ヶ月の間に見た」と述べた。

エジョクラウドプラットフォームとクラウドベースのアプリケーション事業を含むマイクロソフトコマーシャルクラウド運営の売上高は、前年同期比39%増の133億ドルに増えた。

マイクロソフトが新型コロナウイルス拡散によるサプライチェーンの問題で売上高が打撃を受けることができると事前に警告していたパーソナルコンピューティング事業部門もリモート勤務とオンライン教育による需要の増加に予想を合わせた。PC販売ライセンス、Xボックスゲーム機、サーフェス機器を含むパーソナル・コンピューティング事業部門は、前四半期の売上高111億ドルを記録した。

Xボックスのゲームコンソール売上高は2%、サーフ​​ェスラップトップの売上高も1%上昇した。マイクロソフトは、第1四半期が終わり頃からアジアのサプライチェーンを構成する工場が予想よりも速い速度で正常に動作したと説明した。

マイクロソフトに挑戦課題は、クラウドコンピューティングのビジネスの成長剤を維持するものである。リモート勤務拡散にクラウドベースのサービスの需要が増えているが、新型コロナウイルス拡散に企業がコスト削減に速度を出す場合、クラウド支出計画にも良くない影響を与える可能性があるという指摘だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。