DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

フェイスブック、メッセンジャールーム公開… 「ズーム」に似たビデオ会議サービス開始

世界最大SNSプラットフォームであるFacebookは、新型コロナウイルス拡散に企業はもちろん、個人のユーザーの間でも需要が急増しているビデオ会議サービス市場攻略に本格的な始動をかけた。

Facebookは4月24日(現地時間)、FacebookやFacebookメッセンジャーサービスで利用できるビデオ会議ツールメッセンジャールーム(Messenger Rooms)を公開した。

フェイスブックルームは多ければ最大50人まで一度にビデオ通話に参加できるようにしてくれる。画面は、タイル(Tile)の形態のレイアウトに示す。タイルは、デスクトップでは、16個、モバイルでは8個まで示すことができる。新型コロナウイルスの影響での拡散にユーザーベースが爆発的に成長した画像化のサービスズームと似ているという評価だ。

フェイスブックユーザーは、デスクトップとモバイル環境で、Webブラウザを介してリンクを送信することによってメッセンジャールームに誰かを招待することができない。招待を受けた人はアプリを別々にダウンロードしたり、フェイスブックのアカウントを持っていなくても、メッセンジャールームに参加することができる。今後インスタグラム、ワッツアプリは、Facebookのポータルスマートスピーカーでもメッセンジャールームを利用することができる見込みである。

フェイスブックが登場したメッセンジャールームは、現在、個人ユーザーに焦点が当てられている。有料版ビデオ会議サービスもたくさん使う企業は、まだ攻略対象ではない。しかし、強力な個人ユーザーベースは、今後の企業の市場を掘りするんだけど踏み台になることを考慮すれば、数十億のユーザーを保有しているフェイスブックのビデオ会議サービス攻勢は、業界形勢に重量級変数になることがあります。FacebookはワッツのアプリとFacebookのメッセンジャーとして毎日電話をする7億人超えたアカウントのユーザーがいるとメッセンジャールーム拡散に自信を見せた。

フェイスブックは、メッセンジャールームのほか、ライブストリーミング機能もアップデートした。フェイスブックアプリでゲストをライブ映像に追加することができる機能も更新プログラムに含まれた。

ビデオ会議サービスは、大物テック企業の間で最高の激戦地として浮上した。マイクロソフト、ズーム、シスコ、グーグルも最近テレビ会議サービスの強化に先を争って速度を出している。マイクロソフトは、いくつかのアプリも下がっ受けず画像ミーティングに50人まで収容することができるスカイプ用ミットナウを公開し、Googleも、企業を越えて個人ユーザーを狙って、Googleミートビデオ会議サービス機能を開発中である。