DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

リアルタイム分析によるICU患者の治療室滞在時間の大幅削減を実現

データから価値を見つける企業にとって、リアルタイム分析が必須である。この新しい分野は、企業が内部のワークフローを改善するように助けるか、または顧客の活動や市場動向の貴重な洞察を提供することができる。今日は、リアルタイム分析を活用する

病院の集中治療室(Intensive Care Unit、ICU)は、多くの患者が酸素呼吸器に命を依存している。重症患者がICUから出て、他の患者が病床を利用できるようにするには、自分で呼吸できるようにすることが肝要である。ペンメディスンは、リアルタイム分析を利用して、患者が酸素呼吸を中断する準備ができた時点を把握することができるように助けている。

2016年には、ペンメディスン(ペンシルバニア大学のRRPSM(Raymond and Ruth Perelman School of Medicine)とUPHS(University of Pennsylvania Health System)で構成)は、電子医療記録(Electronic Health Record、EHR)ベンダーのリアルタイムのデータストリームを利用して、呼吸器や看護職員に介入が必要な時点と患者が酸素呼吸器を離す準備がされた時点を知らせるダッシュボードを開発し始めた。

ABC(Awakening and Breathing Coordination)アプリケーションを導入するために、ペンメディスンはPCHCI(Penn Center for Health Care Innovation)と情報サービス(IS)とデータサイエンス部門をしたところ集めた。イノベーションセンターとISは、マディソンの臨床専門家が作成し、データサイエンス部門がプログラミングした臨床決定支援ルールエンジンと警報に基づいて、ダッシュボードを開発した。

ペンメディスンのシニアデータサイエンティストのマイケルドローゼリース」が3つの部門と実質的に深いコラボレーションを行った最初のプロジェクトであった。そのプロジェクトは、その相互作用のために我々の仕事のやり方が変わった。私たちは、組織的にプロジェクト管理の方法を変えている」と述べた。

2019年には、ペンメディスンはABCがICU患者が機械式酸素呼吸器を使用する時間を24時間以上短縮した。