DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

非対面のリモート裁判を実現する人工知能誕生の予感

法廷にデジタルトランスフォーメーションがやってくるかもしれない。非対面式によるリモート裁判というべきかわからないが、仮にリモート裁判が実現したあかつきには、デジタルを介しての証拠収集だけでなく人のインサイトまでを解き明かす人工知能の完成が想像できる。リモート裁判が仮に実現すれば弁護士という職業のあり方も劇的に変わるのではないか。人工知能搭載のデジタル弁護士なのかバーチャル弁護士なのかの言い方はともかく、過去の判例を全て実装し、原告、被告が提出する書類をディープラーニングによる解析により結審までの期間がこれまで1年かかっていたものが数日に短縮されるのかもしれない。これはコロナウイルスのパンデミックがこれまでの裁判のあり方に対しデジタルトランスフォーメーションを起こすことを勝手に予測してみた。これはブロックチェーンともうまく融合し、その証拠のあり方自体がより高度な技術によって瞬間的に集められ、分析される。

コロナの事態に私たちの姿は、あれこれ変わることが明らかである。感染症は、人々の間の接触を媒介として伝達されることを心配がその変化の中心に位置している。そのため、非対面という言葉はこの時点で、1つの社会的話題になった形だ。そうしたら、従来のような人間関係の交流方式も対面で非対面で根本から変えなければならないという主張に力が掲載される。一方で、グローバルパンデミック恐怖と危険の前で体系的でありながら、正確な情報の共有が必要なはずだ。

ここでいくつかの分野で、より便利なコミュニケーションのチャンネルを確保することがも望まれる。会わないながらも、同時に十分な情報を交換するというジレンマに私たちはよく適応する準備ができている。

実は人間関係は、直接出会いと交感の中でディテールが豊かになると、私たちは学んだ。ご飯一度に食べ飲み物のようにする中で、人々の温かさを感じるために、より慣れた。これからの変化の時代の中で生きていく新世代は、この課題をどのように解決してかも成り行きが注目される。

一方、会わなくても、他の人の隠れた心を読み取って考えを共有する方法も変化が必要な部分だ。ここにも、科学技術の力を借りなければならない時代が来るかもしれないという予感がしたりする。

非対面社会の到来に際して、法律生活と制度も変化がある。経済取引オンラインとデジタルの世界の中で行われることもより頻繁になることがあることが予想される。

その過程で新たな形で紛争が発生した素地にも多に見える。これふさわしく裁判制度を含む法制度に関しても変化が必要である。

皮肉にも、司法制度が過去10年余りの間に、非対面ではなく、対面の必要性が強調されている側に発展してきた点である。山積した事件の前に、効率だけを強調した残りの書類の検討を中心の形式的裁判をしてきたことへの反省が、その背景に敷かれていた。裁判官が法廷で人を対面して話を直接聞いてみるの過程で真実のニュアンスを隠すことができているという考えが強調されたものである。この際、リモート裁判というあり方を新しく考えてみたい。

真実と嘘を覆い見ることが裁判の要諦である。ところで、人の嘘を分するためには表現された言葉そのものだけは十分なさそうだ。この分野の研究成果の一つだ。ここに加えて言う人の表情や態度、身だしなみなどの非言語的要素まで立体的に感じられる必要がある。

コミュニケーションは言葉以外にも表情や身振りを含む隠れているさまざまなチャネルが存在している。行間を読んで言葉の中に隠れているインサイトを見つけること。これを疎かにすると、予期しない結末を迎える。

人と直接的に対面してその言葉を伝えるニュアンスを五感、第六感を総動員して慎重に分析しなければ、言う人の真意をすべて知ることができる。特に真実を覆う裁判の過程で、裁判官が言っている人を直接対面することの重要性はより言うまでもないだろう。

非対面(アンタクト)が普遍化する時代でも対面での真実の追求という裁判システムはこの点ではまだ有効で、今後も継続を強調なると見ている。しかし、未来を展望してみると、人工知能、ビッグデータなどの新しい科学技術を裁判制度に適切に取り入れなければならない時がすぐに来ると予想する。デジタル非対面世界の到来を控え、新しい司法制度の課題が与えられたわけだ。

いつかはまぎれもなく人の心の中の虚偽までを読み取る技術が出現するかもしれないという考えに背筋が寒くなるのを感じる。

”リモート裁判”という記事はもしかしたらこの記事が日本で初めてなのかもしれないということにおいては、ある意味、言いたい放題ではあるが、結局のところ、リーガルテックが行き着くところは法廷でのDX(デジタルトランスフォーメーション)じゃなかろうか。現状、極めて部分的であるリーガルテックは、日本の司法制度にDXを引き起こすトリガーになりうるものか。このような視点で引き続きリーガルテックに注目していきたい。