DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

人工知能とIoTが生み出す教育デジタルトランスフォーメーション

コロナウイルスにより大学のカリキュラムの遅れが、オンライン授業という手法に取り組むについて、やがて解消し、利点と一緒にいくつか問題点に直面するはずだ。しかし、新しい技術が融合され、これらの問題点が一つずつ補完されていくに違いない。

ここで1つ紹介したいのが、韓国におけるクラウドベースのデジタルツイン(Digital Twin)技術を活用した授業の方法に注目してみたいと思う。

今、オンライン授業を取り込む大学では、オンライン評価の公正性と評価方法を模索している。ここでとある大学が主要なモデルを提示して注目を集めている。

それは鮮文大学校(ソンムン大学)だ。

スマートカー工学部は、従来のアナログ方式の試験をAIoT(人工知能とモノのインターネットの合成語; AI-Internet of Things)技術を利用して正常にオンライン試験を進めている。

スマート車工学部の授業はいつも、クラウドベースのデジタルツイン技術を活用して、電子ペンとカメラを介して学生の課題プールのプロセスがクラウドに保存される。人工知能(AI)は、学生の筆記スタイル、速度などの認識に加えて瞳の追跡、正解かどうかなどを分析し、課題に対する理解度を分析し、データベースを蓄積する。まるでAmazonのように知識・情報がレコメンドされる形だ。非対面でありながら、必要情報がレコメンドされる仕組み、これは実に面白い。

試験は、通常の積まれていデータベースに基づいて難易度を調節して試験するすべての学生にリアルタイムで異なる問題が提供される。公正のための問題の順序が変わり、問題の形式は同じで提示された数字などが異なって提供される。

課題と同様に、テストプロセスは、電子ペンを使用して、学生の前プールのプロセスと一緒に顔面、瞳追跡などがデータベースに蓄積され、試験のために集中度が計算される。


学生のテストプロセスが終了すると、教授は学生の個々のプールのコースを確認して評価を行って人工知能を介して分析された学生の足りない部分についての課題を個別に提示し、学習を強化する。

これは第4次産業革命時代の核心技術である人工知能、クラウド、ビッグデータを活用して、既存のアナログ方式とデジタル方式を組み合わせたデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)のいずれかの成功事例と見ることができる。

今回の試験に参加したイヒョンハ学生(スマート車工学部、2年生)は「初めての中間考査がオンライン試験で進行されるとして不信が持っているが、実際に試験を受けて公正性を確認した」とし「試験この試験で終わらず、かえって私足りない部分については、人工知能が補完しながら、学習量がさらに多くなった」と所感を明らかにした。

スマートカー工学部の教授は、「第4次産業革命時代の技術は、特定の産業や企業だけで書く技術ではなく、一般的な生活の過程に入ってくる段階になった」とし「このような事例がモデル化されて鮮文が将来の教育をリード大学に位置づけられるものと期待している」と述べた。

勉強していく過程において自分自身に不足しているものが何であるのかを知ることができることで、知識・情報を補完し、着実に能力アップをしていくことができるという点においては人工知能とIoT、教育の目指す方向性であることは間違いないといえよう。またその方向性を作り出すのは、AI、IoTだけでなく人間であるということは、また滑稽である。

参考 Society 5.0 に向けた人材育成<br> ~ 社会が変わる、学びが変わる ~Society 5.0 に向けた人材育成に係る大臣懇談会新たな時代を豊かに生きる力の育成に関する省内タスクフォース