DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

人工知能は人間の頭脳を上回るまであとどれくらい?IoTの出現がAIを超高速化させる

人工知能(AI)は、具体的に何を意味するのだろうか?人工知能、AIについて言えば記憶と知覚、理解し、問題解決、パターン認識、連想、推論など、先端がない。それこそ、人間の知性を必要とするすべての行為をマシンを介して実現しようとする調査、または技術を総称する。

一般的に、AIと呼ぶ人工知能は、単にロボット工学や未来の世界を設計するのに十分認識することができる。ほとんどは空想科学小説で表現される小さなロボットは、人間に似た姿に人間がする面倒労働に代わってくれるロボットを連想する。しかし、今AIはロボットを超えコンピュータ工学の対価としてそびえ立つ浮上、人間を超える状況に至ったという評価が多い。

これと関連し、人工知能の分野の著名な科学者であるPedro Domingos教授は機械学習の5つの集団について説明した。AIが単純ロボットではなく、論理と哲学に起源を置いた象徴主義者、神経科学に由来する接続主義者、進化生物学に関連進化論、統計と蓋然性を扱うベイズ、心理学に基づいた類推論で構成されたということ。

実際、最近の統計計算の効率が改善され、ベイズが機械学習の分野でいくつかの領域を正常に発展させることができるようになった。ネットワークコンピューティングが発展し、接続主義者もディープラーニングという名前でサブフィールドをさらに発展させている。機械学習(ML)とディープラーニング(DL)は、すべての人工知能の分野から派生したコンピュータサイエンスの分野である。

AIは、より多くのデータを取得し、分析し、推論して、より賢くなっており、学習速度もますます速くなっている。特にIoTが出現し、センサー技術が分析するデータの量を指数関数的に増やしていることもある。これは、以前にはほとんど手をつけなかったソース、場所、オブジェクト、イベントのデータであるという点が、さらに驚くべきだ。

次に、人工知能が人間の知能を上回るするまでどのくらいの時間が残ってだろうか。すでに越えたのはないだろうか。これに対して専門家たちは、ほとんど「まだ分からない」という反応だ。2015年には、世界で人工知能の研究者が集まった「プエルトリコ人工知能安全会議」では、これに関連するアンケートを調査した結果、それぞれの意見が明確に異なり、統計を出すことができないという結論が出たという。

結論として、事実上、人工知能が天才級の人間の脳を打つことができる日まではまだどのよう残っているかを確認することができない。さらに、すべての懸念する安全性への懸念もまだ払拭することができない状態であるため、実際にはいつこの問題が解決されることができるかは未知数で見ることができる。

それでも今世紀に人工知能が人間の脳を超えことは明らかに起きる確率が高い。ため、それに伴う状況のために準備も始めなければならず、安全性と実効性にもより安定した研究が持続されるべきである。