DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

今年注目の機械学習(マシンラーニング)の海外スタートアップ25社

機械学習(マシンラーニング)とは
機械学習とは 人工知能(AI)とは、「コンピューターが物事やルールを理解するための仕組み」の様々な技術の総称です。 コンピューターが物事やルールを理解するためには、人間が学習するプロセスと同様に、情報を与えて物事の特徴やルールを学習させなくてはなりません。 この学習方法のことを機械学習(マシンラーニング)と呼びます。

人工知能(AI)の時代においては、マシンラーニングが企業の必須の技術となっている。スタートアップ情報を提供する米国クランチデータベースに登録されたスタートアップの中のマシンラーニングを導入した企業が増加した。MMCベンチャーズは10社のうちの1つの企業がAIアプリケーションを10個以上使用することで現れた。チャトボット、プロセスの最適化、不正行為の分析などが主な用途である。フォーブスが最近、このような傾向を反映して今注目のマシンラーニングメーカーを選定した。

1. AIリーカンタベリー(AI.Reverie)

AIが関連業種をよく理解するように訓練させるシミュレーションプラットフォームを提供する。合成データとビジョンAPIスイートを保有。建設現場の管理、スマートシティ、スマートホームなどの農業、工業分野のソリューションを提供する。(投資誘致額:560万ドル)

2.エノドット(Anodot)

AIを適用すると、エンタープライズ規模でのリアルタイム自律分析を提供する。ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)機能を革新したセルフサービスAIプラットフォームを提供する。マイクロソフト、リフト、ウェイズ、キングなど100以上の顧客を保有。(投資誘致額:6250万ドル)

3.アルトゥーロオ(Artuo、Inc.)

米国ファミリー保険で噴射されたメーカー。損害保険、再保険、不動産投資信託(REIT)、プライベート・エクイティ、不動産投資(PERE)市場対象は非常に正確な測定と予測データを提供される。(投資誘致額:合計800万ドル)

4.コメット(Comet.ml)

データ科学者にデータセット、コードの変更、実験記録と生産モデルを自動追跡可能拡張プラットフォームを提供する。主な顧客は、オートデスク、ボーイング、Googleは、オボ、フォーチュン100企業など。(投資誘致額:680万ドル)

5.エイトフォールド(Eightfold.ai)

企業向けの仕事に適した人をマッチングするプラットフォームを提供する。ローウィス、メイシーズ、モンデルレスインターナショナルポストメイト、ストップエンシャプ、ユナイテッド航空などが参加中。4大陸、25カ国、15以上の言語でサービスを提供する。(投資誘致額:合計8500万ドル)

6.フレーム(Frame.ai)

顧客との関係の早期警告と継続的な監視システムを提供する。明確かつ直感的にデザインされたダッシュボードで有名。2016年設立。ファーストマーク・キャピタル、グレークロフト・パートナーズ、G20ベンチャーズなど、最高のベンチャーキャピタル企業がスポンサー。主な顧客は、インターホン、ヘルプスコットアウト、セールスフォース、スラックは、Xenデスクなど (投資誘致額:1030万ドル)

7.インツリーマチック(Instreamatic)

AIベースの音声対話型マーケティング(Voice Dialogue Marketing)プラットフォームを提供する。NLU(自然言語処理)を使用し注目。(投資誘致額:220万ドル)

8.ジュースマンディ(Jus Mundi)

公共の国際法と投資家 – 国家調停検索エンジンを提供する。4,000以上の国際条約と12,000以上の決定文と受賞歴を含むデータベースを保有。主な顧客は、国際英米法律事務所である。(投資誘致額:100万ユーロ)

9.海上(Kaizo)

顧客サポートチーム対象パフォーマンス管理プラットフォームを構築する。実行可能なOKR(目標と主要な結果の指標)を介してのが既にケーションとAIを活用して、業務の効率化を向上させ、チームの成果と保持力を向上させる。Zendesk Marketplaceに適用します。アムステルダム素材。(投資誘致額:300万ドル)

10.ルミノボ(Luminovo)

エンタープライズカスタムアプリケーション開発のサポート。スタンフォード大AIの専門家チームが設立。インテリジェントなソフトウェアとディープラーニングによって、電子製品の開発と生産プロセスを簡素化し、加速する。する。(投資誘致額:250万ドル)

11.ミックスモード(MixMode)

AI中心のサイバーセキュリティスタートアップ。米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)と米国防総省(DoD)プロジェクトの特許を活用する。マルウェア、インサイダー攻撃、国家スパイ活動に対応コスト画期的削減 (投資誘致額:1730万ドル)

12.モデルオピー(ModelOp)

モデル・オフィスセンターのプラットフォームは、モデルを作成したり、配布する位置に関係なく、モデルのライフサイクル全体を自動化する。主な顧客は、金融サービス、製造、医療、その他の産業のFortune1000企業。(投資誘致額:600万ドル)

13.オクトエムエル(OctoML)

開発者のニーズに合わせてマシンラーニングモデルを最適化して配置する方法の切り替えを目指す。オクトーSaaSプラットフォームが有名。(投資誘致額:1890万ドル)

14.オリーブ(Olive)

医療機関の患者管理の改善のための人工知能とRPAソリューションを提供する。反復的ボリュームが大きい作業とワークフローを自動化する。(投資誘致額:1億2380万ドル)

15.ペイジ(Paige)

がんの診断、治療、バイオマーカー発見のソフトウェア構築する。ページの排他的なマシンラーニングソリューションは、最近ネイチャーメディカルに発表された。前立腺癌の検出製品は、米FDAから認められる。(投資誘致額:7500万ドル)

16.ポストイア(PostEar)

創薬のための設計 – 製造 – テストサイクルの終了と顧客のサイクルタイムの短縮。コロナ19抗ウイルス剤を見つけるために、国際科学者チームを率いている。(投資誘致額:250万ドル)

17.ロゼッタ(Rosetta.ai)

電子商取引企業の消費者の好みや行動を分析し、販売を予測し、カスタマイズされたおすすめのソリューションを提供する。垂直電子商取引産業、ファッション業界、ファッション業界などに焦点を当てている。

18.ソーキュア(Socure)

AIベースサイバーセキュリティSaaSソリューションを提供する。個人情報の盗難や関連不正行為のリスク対応のソフトウェア開発。(投資誘致額6190万ドル)

19.スイートデータ(SweetData.io)

マシンラーニングとビッグデータ活用のデータセットを検索、購入、販売、ダウンロード可能なデータマーケットプレイスを提供する。SweetData.ioを使用して、必要なデータを探して、同じ興味を持つ他のデータ科学者とのコラボレーションをサポート。

20.テックスai(teX.ai)

Pythonのライブラリに基づいて構築された直接かつ直感的なテキスト分析ツール。インジウム(Indium)ソフトウェア社のSaaSソフトウェア・アプリケーションに基づいて、複雑なテキストデータを正確かつ洞察力に変換して提供される。主な顧客は、銀行、小売業、電子商取引、製造、教育、病院(医療)、生命科学分野。

21.シンクディープAI(ThinkDeep AI)

ボルドーINPの国立工学スクール(ENSC)に基づいて、フランススタートアップ。人工知能(AI)、画像処理、コンピュータビジョンの分野の専門家が設立。高度に専門化されたAIワークフローのDeepflow構築する。(投資誘致額:25万ユーロ)

22.トーンキヤン(Tonkeyan)

ビジネスワークフローのAIを適用して、独自のボット(Bot)が組織全体のワークフローを管理する役割をするソリューションを提供する。主な顧客は、セールスフォース、マイクロソフト、トリプルアクションスなど。(投資誘致額:3120万ドル)

23.ベンディ(bendi)

AIサポート製品取引マーケットプレイス構築する。オンライン詐欺を除去し、個人間の安全なトランザクションを向上させ、オンライン販売の経験を自動化する。(投資誘致額:60万ポンド)

24.Vociテクノロジー(Voci Technologies)

音声認識、自然言語と機械学習技術をベースコールセンターソリューションの開発・販売中。(投資誘致額:1800万ドル)

25.ゼストAI(Zest.ai)

信用履歴管理システムを開発した高成長ピンテックソフトウェアメーカー。自社ソリューションゼスト自動化マシンラーニングはローン会社が活用していること。評価が非常に良いゼストAI洞察というブログ運営。(投資誘致額:2億1700万ドル)