DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

北朝鮮、人工知能技術に積極的

北朝鮮が最新の人工知能技術を活用して、ハングルのOCR認識技術を開発したと主張した。

2020年10月27日、金日成総合大学は、インターネットサイト「龍南山」を通じて、大学の研究チームがハングルの形態学的特徴を利用して、ニューラルネットワーク技術を適用して、手書き認識技術を改善した文字ソーターを開発したと明らかにした。

金日成大学は文字の分類機96.8%の認識精度を示し、既存ソーターと比べ誤り率を19.5%減らしたと主張しました。

昨年は金日成大学が作った顔認証システムは、複数の媒体を介して導入され、今年7月には、多言語通訳機の開発していると朝鮮中央放送を通じて明らかにした。OCR技術はどのように使い、次の人工知能技術に着目していきたい。