DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

博物館、美術館、コンサート等の文化芸術分野にもVR技術を活用したオンライン展示が活性化

博物館、美術館、コンサート、フェスティバルを最前列で楽しむ?PC、スマートフォン、タブレットをオンにすると、自分がいる空間がVIP席となり、春の伝令であるフラワーフェスティバル繰り広げられる。これはコロナウイルスが取得した新しい文化芸術の享受方法の話だ。

コロナウイルスは、私たちの生活の多くの部分を変えた。ご飯を食べて、学校に行き、仕事をする日常的な生活だけでなく、生活の豊かさを加えてくれた文化・芸術分野のすべての選択肢までブロックされた。世界大流行を意味するパンデミックが宣言された伝染病の前に、私たちができることが大幅に減ったのだ。

このため、一部の人々は、「コロナブルー(コロナウイルスと憂鬱感を意味するブルーが合わさった新造語)」を訴えることもある。某就職ポータルサイトのアンケート調査の結果によると、成人の半数以上(54.7%)がコロナブルーを経験した経験があり、これに最大の理由で息苦しさと退屈(22.9%)を挙げた。これらの心理的な症状は、行政的支援、政策的対応などの特別な対策ではなく、心を慰める治癒が必要であることが専門家らの提言。この危機の状況にICT技術と文化芸術界が会った。

私たちに許された特別扱い

最近の文化芸術界の豊かなイベントが問題だ。特に、18〜19日、全世界の公演ファンたちに幸せな時間だったのだ。

19日には、YouTubeチャンネル「ザ・ショーマストゴーオン(The Shows Must Go On)」を使用して、世界4大ミュージカルに数えられる「オペラ座の怪人(The phantom of the opera)」25周年公演実況が無料で公開された。この特別な公演に映像サービスで可能な演出を組み合わせて現実感を与えるので、この日のストリーミングを視聴した全世界の1000万人の両方VIP席で観覧したわけだ。

米国のポップスターレディー・ガガが主催するオンラインチャリティーコンサート「ワンワールド(One World):トゥゲザーアットホーム(Together At Home)」、韓国グループ防弾少年団の「部屋で楽しむ防弾少年団のコンサート」もコロナウイルスに疲れた私たちを「最前列」に招待しました。

公演だけでなく、春を迎えて企画された、様々な祭りもオンライン現場生中継を介して開幕した。花まつりをはじめとする地域の祭り、記念文化祭などの​​代表的なオフラインの祭りが現場でライブストリーミングを介して生中継されたもの。

デジタルコンテンツの消費のプラットフォームの中で最も飛躍的に成長しているストリーミングサービスが時空間の制約がないという利点が最大に発揮されているのだ。

オフラインコンテンツをオンラインで

博物館、美術館は、代表的なオフラインのコンテンツである。直接体験を前提するからである。しかし、最近博物館、美術館もオンラインサービスに享受することができるようになった。

コロナウイルスにより長期間臨時休館をしてきたフランスのルーヴル美術館、イギリスの大英博物館、アメリカのメトロポリタン美術館など世界的に有名博物館までオンライン展示を始めたのだ。

事実上、2020年前半の展示と企画運営が不可能であった美術館やギャラリーが集客方法の変更を図ったものである。避けられない状況だったが、オンライン展示の大衆の関心が熱い。

海外外信の絶賛で、国内では逆の照明されている国立現代美術館は、最近のオンライン展示が以前とは明らかに異なることを示す代表的な事例である。この展示は、VRを介して展示と作品の実在感を極大化する。むしろ実際には見られない細かい部分の観覧と説明は、オフライン観覧以上の経験値を提供する。

VR技術を活用したオンライン展示

デジタル技術が急成長し始めた1990年代以降から美術館やギャラリーは保有している作品とオブジェをデジタルアーカイブして、ライブラリを構築している。ほぼすべての博物館、美術館がすでに展示のためのデータベースを保持していたので、オフラインの展示では、オンライン展示への転換が迅速に行われることがあった。

既存のオンライン展示は、画像とテキストの説明、関連動画のストリーミングが全てだった。オフライン展示のサブ展示であっても構わないくらい。しかし、ICT技術は、オンライン展示がオフライン展示以上を可能にした。

見物人の立場では、限られた状況に限定された装置とするしかない観覧だったので物足りなさが大きい。ほとんどの利用者が視覚的表示、聴覚ディスプレイ程度の出力デバイスのみを保持しているからである。しかし、これを提供するプランナーと関連産業は、技術を検証し、デモンストレーションを行うことができる良い機会であることに間違いない。多くの専門家がVR・AR技術が文化芸術の展示を一層豊かにすると予想される理由だ。

今後の技術は、継続進歩するだろう。しかし、技術が単独走行をすることは意味がない。最近見せてくれたICTの活用がコロナウイルスで傷ついた人々の心に残りになってくれたように人と一緒に呼吸して発展することが期待される。