DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

日常にあるデジタルトランスフォーメンションと企業戦略

天気を気にしたり、有名芸能人の日常が気になるときは、新聞を見るよりもポータルを検索する。新聞でポータルに情報探索方法のデジタル変換、デジタルトランスフォーメーションが起きたのだ。自動車の中に必ずいた地図帳が消え、その場所にナビがある。ルートのデジタル変換、デジタルトランスフォーメーションが起きたのだ。泣く子を和らげるときもガラガラを利用するよりも、、YouTubeに依存する。子供をなだめるのデジタル変換、デジタルトランスフォーメーションが起きたのだ。 

このように、デジタルトランスフォーメーションは、向こう側ではなく、私たちの生活の中に、すでに起こっている。私たちの生活のアナログからデジタルに変わっている。

デジタルトランスフォーメーションの背景

幼稚園で使用する教材は「印刷された本」ではない。タブレットPCなどのデジタルデバイスである。2019年からすでに小学校3年生以上の学生は、デジタル教科書で学習を開始した。教科書の内容のほかの用語辞典、マルチメディア資料、評価質問など豊富な学習教材と管理機能を搭載しており、バーチャルリアリティ(VR)、拡張現実(AR)などのデジタル技術を融合した実感型コンテンツまで提供して学習効果を高めることができることが大きな利点である。文部科学省は、デジタル教科書が学校現場に積極的に活用することができるように2021年までに、全国のすべての小・中学校に無線インフラを拡充していく計画である。最初からデジタル世界に生まれたこれらのデジタル世界の先住民としてデジタルネイティブズと呼ばれる。 

デジタルトランスフォーメーションとは何ですか?

今、消費者がデジタルネイティブズである。消費者が変化したので、企業も変化しなければならない。アナログ式のサービスと製品の供給ではなく、デジタルベースのサービスを拡大しなければならない。対面サービス方式で非対面サービス方式に切り替えなければならない。オフラインのチャネルでオンラインチャネルで製品供給方式に切り替えなければならない。このような企業の動きをデジタルトランスフォーメーションとする。

デジタルトランスフォーメーションは、ビッグデータ、ロボット、ブロックチェーン、クラウド、人工知能、物事インターネット、仮想・拡張現実など4次産業革命の基盤技術を活用し、企業が戦略とビジネスモデルを転換し、競争力を強化する方向に動くようにする。農畜産業では、スマートファームを、製造業では、スマートファクトリを、流通業では、キオスクを導入することが代表的な例だ。デジタル経済に変貌している時点で主導権を握って、これをリードしようとする企業の動きが多様になっている。

デジタル金融サービスへの依存度が増えつつ、消費者が店舗を訪問を通じた対面サービスの需要を減らしている。金融消費者の業務処理状況をみると、入出金取引の時代には、取引をする割合が、2005年に26.3%で2019年第3四半期7.7%に縮小した。テレバンキングやCD / ATMへの依存度も縮小されている。一方、インターネットバンキングへの依存度は、同じ期間18.6%から58.3%に急増大された。

デジタルトランスフォーメーションと呼ばれる波は、どのように展開されているか?

顔認識ATM導入[Agricultural Bank of China]最初の波は、肥大綿(Untact Service)に要約される。アンタクトは接触を意味するコンタクト(Contact)に除外キーワード(Un)が合わさった造語で、非対面/非接触を意味する。最近流通産業のデジタルトランスフォーメーションの突風をもたらした技術は、キオスク(Kiosk)といっても過言ではない。2020年にはキオスクが高度化され、大型外食フランチャイズだけでなく、小商工人にまで普遍化されるものと予想される。 

消費者もキオスクの使用に慣れて、店員を通すよりも、キオスクを好むようになると思われる。これだけでなく、様々な生体技術が適用され、無人決済システムが普及している。生体認証技術とブロック鎖が結合して、デジタル身分証明書が開発され、利用及び普及さベースが設けられている。顔、声、虹彩、指紋、静脈などの生体認証技術を入れ子的に適用して、非対面身分確認サービスが商用化されることが遠くない。国内の空港を利用するとき、すでに身分証明書を持参する必要がなくなった。身分証明書を静脈と指紋と一緒に登録すればよい。生体認証技術を導入して個人認証を処理するサービスは、普遍化した技術になるものと思われる。中国を代表する銀行の一つであるABC(Agricultural Bank of China)は、顔認識技術を活用したATMを導入した。国内銀行も画像相談やバイオ認証システムなどを介して、平日の夜や週末、祝日にも新規通帳やチェックカードを発行することができる弾力店舗を導入している。

人工知能ベースの商品をお勧めプラットフォーム(左)[Jins]、拡張現実商品体験プラットフォーム(右)[WANNABY]

人工知能ベースの商品をお勧めプラットフォーム(左)[Jins]、拡張現実商品体験プラットフォーム(右)[WANNABY]第二に、超実感化が急速に進展している。主に、UX(User Experience)という表現を使用することもある。オンラインショッピングの環境下で消費者にどのようにすれば、製品やサービスを事前に経験/体験して見るようにすることができるかについての悩みである。日本のメガネブランドジーンス(Jins)は、仮想・拡張現実と人工知能とビッグデータを結合した「ジーンズブレイン(Jins Brain)」サービスを提供している。

ワナビー(WANNABY)と呼ばれるスタートアップ拡張現実(AR)技術を使用して、靴を事前に履いてみたり、マニキュアを塗ってみて、リングを着用して見て購入を行うことができるプラットフォームを開発し、世界的に注目を集めている。イケアは家具をあらかじめ置いて購入できるようにプラットフォームを導入しており、多数のファッション企業は服を着てみ購入し、化粧品企業も化粧をしてみ購入できるようにしている。「購入後の経験」から「経験後、購入」で産業のパラダイムが転換されたものである。

物事のインターネットベースの動産担保管理システム[C&Tech、金融委員会]第三の波は、リアルタイム化だ。つまり、リアルタイムコミュニケーションが強調されている。ウォルマートは最近、生体カートシステムと呼ばれる新しい特許を発表した。カートのハンドルを握ると、心拍数、温度変化、速度変化、力の変化などを感知して、顧客の不満が最も多い点はどこなのか、何を助けるか、店をどのように調整すべきかを知ることができる技術である。 

一方、C&Techというスタートアップ銀行業界に旋風を巻き起こした。不動産担保や3年以上の売上実績を持っていなかったスターアップは、銀行からの融資を受けて資金を調達するのが非常に難しかった。中小企業が保有している資産とは、主に生産設備などだったが、毀損や紛失などの懸念で銀行が動産担保融資を消極的てきた。C&Techの物事インターネット(IoT)を活用したリモート動産担保管理システムは、銀行の担当者が動産現場を続け訪問・点検しなければならない不便を減らした。国内ほぼすべての銀行が本リアルタイムプラットフォームを活用している。

Visaカードのビッグデータに基づい消費性向予測[VISA Card]第四に、超カスタマイズ(hyper-Customization)という波である。多くの企業は、さまざまなビッグデータを活用して、個々の消費者にカスタマイズされたサービスを提供するために競争している。DB損害保険とKB損害保険は、運転行動に関連するビッグデータ(運転習慣データ)を活用して、ドライバーの事故率など基づくカスタマイズされた保険料を提供している。Visaカードは、位置ベースのビッグデータに基づいておきマーケティング効果を最大化した。 

お客様の消費ビッグデータを活用して、消費行動を分析し、今後予想経路及び消費を予測するシステムである。これにより、お客様にカスタマイズされたクーポンを発送してくれるシステムを構築した代表的な事例だ。すべてのお客様に同じクーポンとサービスを提供していた従来のモデルとは差別化されたサービスを提供し始めたのだ。 

ビッグテック(Big Tech)企業が提供する金融サービス[キム・グァンソク(2020)、ダブルディップのシナリオ; 緊急修正の経済見通し]第五に、脱境界化が進展している。産業間の境界が崩れ、既存の産業区分が無意味になって業種間の融合が頻繁になる傾向をいう。既存の産業がIT産業などに会う過程で自然に現れる現象だと見ることができる。ナイキは、スポーツ用品メーカーであるだけでなく、スニーカーインソールを利用して、ヘルスケア、ビッグデータを分析し始める。ヘルスケア産業の重要なプレーヤーとして浮上するものである。 

キャリアは、自律走行サービスを提供する運送業に進出することで、コンビニは、インターネット専門銀行と会って金融サービス業に進出するとみられる。グーグル、アマゾン、マイクロソフト、アリババ、テンセント、百度などビッグテック(Big Tech)企業は、既存のITサービスに留まらず、絶えず金融サービスを提供してきている。伝統的金融機関だけが享受した金融サービスは、IT企業でより簡単に、便利に提供され始めて産業間の境界がさらに崩れている。 

デジタルトランスフォーメーション時代の対応 

IT企業が金融業界への進出が加速化されるなど、産業間の境界が崩れている現状の中で、企業は、汎用化されて強力なプラットフォームを構築していかなければならない。少なくとも主プラットフォームの移動を読んでいき、プラットフォームを活用する試みを積極的に進めなければならする。筆者もいくつかの企業や公開フォーラムで招待を受け、通常300余分に座っておられる場で講演を多くしているが、YouTube「経済読んでくれる男」は3万分の、30万分の前講義している。多くの企業が争ってYouTubeチャンネルを構築し、様々な高品質のコンテンツを掲載している様子は、汎用化されたプラットフォームを活用する試みと判断される。

企業は、自社の事業ポートフォリオなどをもとに、デジタルトランスフォーメーションを導く重要な基盤技術と知性を捕捉して導入しなければならない。ビッグデータを売買する時代が開かれたので、いくつかのビッグデータを活用するか悩むことは基本であり、消費者にどのような新しいカスタマイズされたサービスを提供できるかを議論しなければならない。様々な技術企業とのパートナーシップを強化し、R&D支援やM&Aを積極的に検討する必要もある。一方、産業・製品・技術が急速に変化しているため、柔軟な組織文化を構築して変化をリードする企業として跳躍する必要もある。