DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

無駄を富に変える。サーキュラーエコノミーによる競争優位と確立について

社会経済全般に持続可能性が話題に浮上し、「循環経済(Circular Economy)」の時代が近づいてきている。専門家は、循環経済が今後主流になるとの見通しを出している。アクセンチュアは、世界の循環経済が2030年までに4兆5000億ドルの経済効果を創出すると予測した。この過程で、CIOの役割に注目する必要がある。CIOは、循環経済ビジネスへの移行旅で主導的な役割をするのに十分能力がある。

2020年代に入りながら、「劇的な変化の開始点(Tipping point)」に近づいているという事実がこれまで以上に確実になった。既存の線形的な生産と消費のシステムは、今日の経済成長、社会の繁栄、環境保護にもはや適合しない傾向に進んでいるのだ。 

過去数十年の間に経済のパラダイムを支配してきた「資源をもたらす、作成、捨てる(take-make-waste)」の考え方は、地政学的、経済的な問題とかみ合って、将来の世代を持続不可能な世界に追い込んている。このうち公正可能で持続可能な世界を作ろうと、循環経済システムが浮かんでいる。その当為を離れて、ビジネス的機会もすばらしい。 

実際に原材料を抽出し、製品を作り、使用された製品をほとんどゴミに捨てる(またはせいぜいリサイクルしたり、よりできなかったことを再作成された)線形方式を拒否している企業が増えている。 

これらの企業は、資源や物を可能な限り使用し、使用した後には、コンポーネントや材料をシステムに回復させる循環経済に転換している。これはゴミという概念自体をなくし、生産と消費の方法を根本的に変化させる動きである。これにより、経済と社会全般にわたって価値を循環させるより健全で繁栄する生態系を作ろうというものである。 

多くの産業分野のリーディング企業が明確な進展を見せているが、まだ循環ビジネスモデルの可能性を十分に活用できないまま一知半解水準にとどまっている。4兆5,000億ドルの経済的価値を創出することができるが動きに拍車をかけなければならないときは、今だ。  

技術が主導である
今日の企業が直面する数々の機会や課題と同様に、技術は、循環経済の構築のための重要な原動力である。資源の無駄を減らし、より多くの価値を創出することができる様々な技術が発展しているからである。ビッグデータ、自動化ソリューション、アナリティックス技術などが代表的である。 

このように、技術の重要性がますます大きくなり、CIOは、循環経済に移る過渡期で中心的な位置を占めている。企業の全体的な技術ニーズに固有の視点と理解を備えたCIOは、循環革新を推進する変化の主導者の役割を引き受ける能力と責任がある。 

変化を主導するためにCIOが取ることができるいくつかの重要なステップがありますが、まず一歩退く技術がどのように循環経済を可能にする方法を紹介しましょう。また、線形モデルで循環モデルへの転換を介して値を実装する企業であれば、物理的、デジタル、生物学的領域で第4次産業革命(4IR)技術を積極的に導入しなければならない。

• デジタル領域:コンピュータ、電子工学、通信、科学に基づいて技術。接続されている物理的なリソースと増え、データを活用するのが特徴。(例えば、AI、IoT、ビッグデータ・アナリティクス、ML、ブロックチェーン)

• 物理領域:材料の基本的な性質、エネルギー、自然動力とその相互作用に基づいた技術。(例えば、3Dプリンティング、ロボティクス、ナノテクノロジー、エネルギーストレージとハーベスティング)

• 生物学的領域:生物学的システムや生物と特定用途のプロセスなどを含むが、ここに限定されない側面に基づく技術(例えば、バイオエネルギー、DNAマーキング、バイオベースの材料、遺伝子工学)

アクセンチュアの研究結果によると、これらの4IR技術は、産業全体の循環経済に転換する速度と規模の両方を向上させることができる。また、これらの技術を戦略的に適用すると、企業レベルでは、次のような値を取得することができる。

•効率の向上により、資源の無駄を減らす。

•新規参入者が市場の構造を瓦解させることはもちろん、既存の企業が新たなビジネスモデルと市場での方向を変えることができるように誘導して革新が行われる。 

•情報の透明性を高め、企業が新たなレベルの可視性(機器の使用、製品、エネルギー、材料の流れ)、接続(機械、顧客、意思決定者の間)、柔軟性(デバイス、機能、またはプロセスを変更したり、調整する能力)を介してインサイトを得るように迅速にデータを収集して分析することである。 

•既存の限定されているか、リソースを集中的材料を使用しないようにする。 

「循環革新」を主導するための4つのヒント
デジタル、物理的、生物学的という3つの技術カテゴリーのすべての循環ビジネスモデルを実装することができますが、ほとんどの企業は、物理的、生物学的技術よりも、デジタル革新に集中してきた。 

例えばアクセンチュアストラテジーが過去5年間に分析した1,500社のうち59%がデジタル技術を導入したことが分かった。しかし、循環経済の転換で最も進んでいる企業は、この3つの技術を組み合わせて導入する傾向があることが分かった。 

例えば、企業がIoTを活用して製品の使用状況を追跡観察し、その情報をビッグデータ・アナリティクスで分析する。これにより、得たインサイトは、循環価値を創出するために活用することができる。 

これは返品を改装で転売するか、部品を回収するなどの企業が判断を下す際に役立つことができる。別の例は、マシンビジョンとAIをロボットのような物理的な技術の性能を改善するために活用するものである。

技術が循環経済の構築に重要な要素であるという点は明らかである。CIOは、次のような方法で自分の役割を拡大し、企業の循環革新イニシアチブを具体化することができる。

1.はじめに: CIOは、変換プロセスで中心的な役割をすることになるだろう。また、ほとんどの場合、移行計画に直接取り組むだろう。例えば、最新の動向を熟知して、その企業の循環の可能性を把握して主導するために努力しなければならない。

2.循環革新文化定着: CIOは循環価値を目指す革新的な文化が醸成されるように支援しなければならない。このため、内部の認識を高め、革新拠点を設定したり、特定の役割を指定して、循環価値を可能にする技術を発見し、評価することを任せる。

3.敏捷性のサポート:CIOは、新しい技術ミᆽビジネスモデルをテストしたり、その方向への転換が容易なように、柔軟な運用モデルのための基盤を構築しなければならない。 

4.全社協力: CIOは、R&D、設計、開発、生産、物流など複数のチームとのコラボレーションを通じて、各事業部のニーズと課題はもちろん、循環経済への移行を促進する新技術の準備状態を把握しなければならない。

技術は常に新しい方法で環境問題を解決する糸口を提供している。もちろん循環価値を創出する万能の解決策はない。しかし、技術の限りない可能性は必ず注目する必要がある。 

今、循環革新を主導することになるCIOは、企業が新たな価値を創出し、競争上の優位性を持って来るの俊敏性を強化するのに役立つだろう。また、環境への負の影響を最小限に抑え、社会経済的構造を改善するためにも資することができるだろう。

CIOによるDXの考え方例

例えば、企業がIoTを活用して製品の使用状況を追跡観察し、その情報をビッグデータ・アナリティクスで分析する。これにより、得たインサイトは、循環価値を創出するために活用することができる。 これは返品を改装で転売するか、部品を回収するなどの企業が判断を下す際に役立つことができる。

参考 サーキュラー・エコノミーはいかにして、生産と消費のあり方に創造的破壊をもたらすかaccenture.com 参考 サーキュラー・エコノミーについての解説サイトideasforgood.jp