DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

米ツイッター社、半永久的に在宅勤務を可能と発表

Twitter社が新型コロナウイルス感染症(事態を迎え、従業員に在宅勤務を積極的に奨励した。

ツイッター社は12日(現地時間)に発表した声明で、「私たちは、コロナにより、在宅勤務に突入した最初の企業の一つであった」とし「バックオフィスに戻る最初の会社にはならないだろう」と明らかにした。

ツイッター社は「従業員は、過去数ヶ月の間にほとんどのリモート働き、私たちがこれを適切に運営することができることを証明した」とし「在宅勤務が可能な役割や状況にある従業員が在宅勤務を維持したい」と強調した。従業員が必要な場合は永遠にも、在宅勤務を続けることができていることを伝えたのだ。

米国のCNN」は、Twitterの今回の決定を伝えて”コロナパンデミック対応のため取った、いくつかの措置が、今回の危機後も企業のニューノーマル(新たな標準)につながる可能性があることを示している」と説明した。

米国の先端技術だけシリコンバレーに拠点を置く企業は、コロナ事態が起こると、3月から続々とリモート勤務に突入した。フェイスブック、グーグル、アマゾンなどは、年末までに従業員の在宅勤務を継続する方針だと伝えられた。

ABCはポストコロナウイルスの世界では、オフィスはもはやかつてのような形で存在していない可能性がありえると、コロナ抑制のための制限措置のわずか数週間で、人々が仕事のやり方がバーに変わったと説明した。

多くの人が開かれた空間で、机と施設を共有する現代オフィスの概念は、数週間前までは非常に正常のように見えたが、パンデミック時代には、安全性と生産性に反するだけということが見えてきた。