DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

鉄鋼会社はどのようにデジタルトランスフォーメーションを進めたら良いか

デジタルトランスフォーメーション(以下DX)は、現在、すべての企業が抱えている課題である。ほとんどの企業は、クラウド、物事インターネット、人工知能などのデジタル技術を利用して業務プロセスと成果を革新し、さらに新たなビジネスモデルを開拓することを目的としている。

これは「鉄鋼」などの大規模な装置産業も同じだ。大規模な設備投資が必要なデバイス産業は、これまでの工場を建設おけば大きな変化がなくてもビジネスを営むのに問題がなかったが、今はデジタルの時代に合った敏捷性を兼ね備えていなければ、競争力が落ちて長期存立上の脅威が発生する。

これ国内4大鉄鋼会社の一つである歳児のグループは、グループレベルでDT戦略を進めている。歳児のグループは、まずDTを陣頭指揮する最高デジタル責任者(CDO)を迎え入れており、既存のITサービス会社だけではDXを実行する能力が不足していると判断し、持株会社のIT部門やITサービス関連会社、スタートアップインキュベータ関連会社、ソフトウェア会社を統合してDTを実行VNTGという会社を設立した。VNTGはSeAH GroupのDXを完成し、デジタルベースの新事業まで開拓するミッションを付与された。

SeAH GroupDX(デジタルトランスフォーメーション)事業本部本部長は21日、オンラインで開催した「Googleのクラウドネクスト」のイベントに講演者として参加してSeAH GroupのDXを共有した。

まま本部長はこの席で、「多くのグループ会社がCDOと専門組織作りDTを実行しようとしましたが、足首をしたのは、既存のシステムと新しいDTの融合失敗だった」とし「SeAH Groupは、試行錯誤を経て突破口にVNTGを作っDXの実行だけでなく、既存のコアシステムをDX哲学に合わせて高度化し、一歩進んで、今後のグループの新成長動力を見つける日までにするようにしている」と説明した。

本部長によると、SeAH Groupがデジタルトランスフォーメーション過程で焦点を当てているのは、生産品の品質を維持しながら、設備の故障を減らし、作業者の安全を守ることである。これを可能にするためには、素材と工程、設備を接続するデータプラットフォームが必要であると判断した。データプラットフォームをベースに、様々な分析を通じて、組織の予測力を育てなければならないという判断である。

本部長は “鋼の現場はまだセンシングしていないデータが多く、常に新しいデータ発掘し、生産して分析モデルに引数として入れなければならない」とし「工場で発生するデータ、データを集める通路と通をうまく設計するがDTをよく実行することができる成功のポイント」と診断した。

現在SeAH Groupは、このような目標の下、歳児デジタルプラットフォーム(SDP)」と呼ばれるプラットフォームを構築中である。

本部長は「すべての要素技術をオープンソースに基づいて設計さてキュレーション方式でプラットフォームを構築することになった “としながら”新しいオープンソースが出てきたり、Googleのクラウド、AWS、エジョなど良いサービスが出てくる変えはめられている形式で設計して実装した」と説明した。

このため、Googleのクラウドのアントスを活用する。Googleのアントスは、ハイブリッド、マルチクラウドを運営できるよう支援するマネージドサービスプラットフォームです。Googleのクラウドだけでなく、企業のデータセンター内のプライベートクラウド、エッジクラウド、さらには競合他社のクラウドサービスまで管理することができるのが特徴である。

本部長はSeAH Groupがデジタルトランスフォーメーション過程でマシンランニングやAIエッジが重要な役割をしていると伝えた。彼は「DTを進めにあたって鉄鋼産業の重要なポイントは、市場の変化、工程上の設備の故障、不良発生などの状況をよく予知し期待してスケジュールを変え、重要な意思決定を事前にすること」とし「このためには歳児グループやVNTGの能力だけでは不足するため、Googleのような外部の力を借りた」と伝えた。

鉄鋼産業では、表面の欠陥を見つけ、スカピン(圧延前鋼材の表面の欠陥をなくすために皮をむく日)、ビレット(中間生産物)訂正工程を必要があり、これを自動化することができる場合は、生産性の向上はもちろん、であり、作業者の安全を担保することができる。このため、コンピュータビジョン技術をうまく活用することが歳児グループDTの重要な問題となった。