DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

顧客が希望するブランドの話、ストーリーテリングマーケティングに注目しなければならない理由

優れたストーリーテリングは、顧客との信頼関係を構築して、顧客のロイヤルティを高めます。結果的に、顧客はブランドの「ファン」になって、直接ブランドの製品やサービスを他の人と共有することもね。これらの理想的な結果を成し遂げ出すためにブランドが必要なことは心を込めたストーリーを伝えることです。

米国の環境アウトドアブランドパタゴニアは、ブランドが追求する多様な価値の話を中心に、顧客とのコミュニケーションです。「私たちは、私たちの基盤は、地球を生き返らせるために事業をし」という使命の下のブランドを運営するパタゴニアは、不必要な環境被害を最小限に抑え、環境保護のための事業も活発に行っています。

2011年には、米国の最大のセール期間であるブラックフライデーを迎え、企業が販売量を高める時点でパタゴニアは「このジャケットを買わないでください」という広告を掲げました。環境に配慮し製品パタゴニアのジャケット一つさえ服を生産する過程で温室効果ガスの20%が排出されて2/3程度の遷移捨てられたという理由だったんです。無駄な消費が蔓延ショッピング文化を指摘するために破格的なコミュニケーションメッセージを伝達したことです。

実質的な活動を土台にしたパタゴニアのストーリーテリングマーケティングは、まさに「大ヒット」を打ちました。広告メッセージとは対照的に、パタゴニアの売上高が継続的に上昇し、2015年には7億5000万ドルの売上を上げるブランドが置く。これはパタゴニアが追求する価値と同様の志向点を持つ顧客の共感を引き出してブランドの信頼性と忠誠心を構築した結果です。

一方、LG電子のノートパソコンのブランドLG gramは「ペーパーグラム、リアルグラムに挑戦する」というメッセージを込めた広告された方を披露したします。一言で紙よりも軽いノートパソコンというものでね。製品の「軽さ」という特長を訴求するために、ペーパーアーティストが紙でノートパソコンを作ってLG gramと重量を比較する姿を直感的に示しました。ノートパソコン新製品の重量が980gであるという事実だけいくら宣伝しても2分足らずのこの広告映像のストーリーテリング効果を追いつくことはできなかったでしょう。