DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

5Gを活用したコンテンツ開発動向

5Gはとくに韓国において2020年1月には加入者数500万人に迫る勢いだ。通信業界では、5Gを活用したコンテンツ開発にも拍車をかけている。SKテレコム、KT、LGユープラス各社の5G世界に向けたコンテンツ開発に焦点をあててみたいと思います。

SKテレコムは、クラウド企業、デバイスメーカー、通信会社との協力して「5G実感サービス」を披露している。

特にMSと協業して、クラウドゲームサービスを準備中であり、複合現実感コンテンツ制作施設「ジャンプスタジオ」をオープンする予定である。「ジャンプスタジオ」では、バーチャルリアリティ(VR)・拡張現実(AR)の技術的利点を融合してホログラムのような3次元コンテンツを作る。

また、SKテレコムは、MSと協力して「プロジェクトXクラウド」を通じて92種のゲームを提供している。通信になるといつでもどこでもクラウドサーバーに接続してゲームを楽しむことができ、既存のゲーム業界の勢力図を変える「ゲームチェンジャー」として評価されている。

KTも5Gのコンテンツの確保に集中している。

KTは個人型VRサービスである「スーパーVR」を通じて、世界初の「8K VRストリーミング商用サービス」を提供している。

超大容量の8K VRコンテンツを数百個の部分に分割して、クラウドに保存した後、リアルタイムでの角度に合わせて領域の画面のみを送信し、最適の映像を送出するサービスだ。

今回のサービスは、KTの5Gネットワ​​ークの最適化技術とシリコンバレーのスタートアップアルカクルーズ社の「スーパーストリームソリューション」を組み合わせて開発された。

KTはテコンドー、Kポップなどを素材に、様々なコンテンツを制作し、今年末までに100パターンの超高画質VRコンテンツを備える予定である。

LGユープラスは、昨年上半期にU + VR、U + AR、U +プロ野球、U +ゴルフなど、U + 5Gサービス1.0をリリースしたし、下半期には「U +ゲームライブ」、「ARショッピング」、「スマートフーム」などU + 5Gサービス2.0をリリースした。

LGユープラスは、今後5年間で技術開発に2兆6000億ウォンを投資してVR・AR中心のサービス高度化を推進し、5Gサービス3.0」をリリースする計画だ。

特にGoogleと一緒にインターネットの検索結果をAR技術を活用して実感型イメージで表示ARコンテンツ開発にも力を集中する計画だ。