DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

2021年の主な戦略技術トレンド9選。IoB,分散クラウドなど

市場調査会社ガートナーが企業が来年のために準備しなければなら主要戦略技術トレンドを盛り込んだ年次見通しを明らかにした。ガートナーは、企業が回復弾力性を確保して瓦解なレベルの変化を収容するのが「ニューノーマル」という点に注目しなければならないと強調した。 

ガートナーがオンラインで行われた「ITシンポジウム/エキスポアメリカ(IT Symposium / Xpo Americas)」会議で2021年度の技術トレンドを公開した。 

企業がコロナによる激変と経済的困難を乗り越えていく中でIT企業の経営陣は、人間と技術の間の相互作用を実装する課題に継続的に直面することになるだろうと予想するガートナー側は伝えた。 

ガートナーリサーチ担当副社長であるブライアン・バークは、「企業全体で回復弾力性の必要性が今のように高かったことはない」と述べ、「コロナ対応で成長推進に行っている企業であれば▲人を中心に置いて(People centricity)▲位置にとらわれず、(location independence)▲回復弾力(resilieny delivery)でなければならない」と強調した。 

ガートナーの2021年度の主な戦略技術トレンドは以下の通りである

1.行動インターネット(IoB)
バークは「顔認識と位置の追跡、ビッグデータに基づいて確保したデータをもとに、人々の行動(例えば、現金購入、または機器の使用)を誘導する技術が成長している」と述べた。企業がユーザーの行動に影響を与えるために、データを活用するという意味だ。

ガートナーは、これを「行動インターネット(IoB)」と呼ぶ。例えば、企業は、ファンデミク期間従業員のガイドラインに準拠しているかどうかを監視したいコンピュータビジョンを利用して、マスクの着用かどうかを確認したり、熱画像カメラを利用して発熱がある従業員を識別するためにIoBを活用することができる。 

ガートナーは、2025年末には、パーソナル、商用、政府用を問わず、少なくとも一つののIoBプログラムが全世界の人口の半分以上に適用されるものと予測している。

彼は「IoBが技術的に可能なものとは別に、人々の行動に影響を与えるために使用される様々なアプローチの倫理的、社会的議論が幅広く行わだろう」と伝えた。 

2.個人情報の保護を強化コンピューティング(Privacy-enhancing computation)
バークによると、2025年ごろ、大企業の50%は、「個人情報保護の強化コンピューティング」を導入して市販のデータを保護する一方で、信頼できない環境とマルチパーティデータ分析事例からのデータを処理するための機密や個人情報保護を維持する。

彼は「個人情報保護の強化コンピューティングを適用する対象を識別しなければならない。そのためには、個人情報の移転が必要とされるデータ処理活動、データ収益化、詐欺行為分析などの機密データを使用している事例を評価しなければならない」と述べた。

3.サイバーセキュリティメッシュ(Cyber Security Mesh)
バークは「誰でもデジタル資産を安全にアクセス可能であり、人と資産がどこにありいても構わない」と述べた。

つまり、クラウドの実行モデルを使用してポリシー施行と政策意思決定が互いに分離されたIDの境界セキュリティが可能になるということ。続いて彼は「2025年になると、デジタルアクセス要求のうち半分以上がサイバーセキュリティメッシュを介して行われるだろう」と付け加えた。 

続いて彼は「コロナ19事態によって、デジタル企業の変革が繰り上げられた。私たちは、臨界点を通過した。ほとんどの企業が保有しているサイバー資産は、今日、物理的、論理的なセキュリティ境界の外側に存在する。「場所を問わする「運営方式が継続発展すれば、サイバーセキュリティメッシュは制御範囲外にある機器のデータとクラウドのアプリケーションに安全にアクセスして使用することができ、最も実用的な方法になるだろう」と説明した。 

4.分散クラウド(Distributed cloud)
分散クラウドサービスは、数年前から、Gartnerの技術トレンドリストに上がっていた。ガートナーによると、分散クラウドは、パブリック・クラウドサービスを別の物理的な場所に置くものだがサービス運営とガバナンス、改善はパブリック・クラウドサービス提供企業が担当する。これらはその遅れ、データのコスト削減要求とデータ常駐要件がある企業シナリオに素早い環境を提供する。

これはまた、クラウドコンピューティング・リソースをデータと業務活動が起こる物理的な場所の近くに置かれるべきで顧客の要求も解決する。バークは、2025年になると、ほとんどのクラウドサービスプラットフォームは、必要な時点で実行される分散クラウドサービスを最小いくつか提供することになるだろう見通しながら、次のように語った。

「分散クラウドはプライベートクラウドを置き換えることができ、エッジクラウドなどのクラウドコンピューティングのための他の新しいユースケースを提供する。分散クラウドは、クラウドコンピューティングの未来を象徴している」

5.超自動化(Hyperautomation)
ガートナーでいう超自動化(hyper automation)という概念は、複数のマシンラーニング、パッケージソフトウェアと自動化ツールで作業を実行するものである。昨年の主要な戦略的な技術トレンドのリストにも含まれている事があり、ますます重要になっている。

超自動化は、過去数年間で驚異的な速度で流行してきた。そうするうちにコロナ19事態ですべてのものを優先的に「デジタル化」しなければならない状況が発生し、需要が大きくなった。

バークは「業務の利害関係者の要請が殺到して、企業の70%以上が数十件の秒の自動化計画を遂行することになった。超自動化は、現在、必然的であり、不可逆できない。自動化することができ、自動化する必要があるのは、すべての自動化される」と述べた。

6.どこでも動作(Aywhere operations)
は「どこでも動作するという概念は、分散インフラストラクチャ全体に配置された業務とサービスをどこでも管理し、従業員に役割を与え、顧客をサポートできるように設計されたIT運用モデルを指す「と述べた。

バークによると、2023年末になると、企業の40%は、顧客の経験とスタッフの経験を仮想と実際の混合された形で提供するために、この概念を適用することになるだろう。

7.全体の経験(Total experience)
昨年のトレンドレポートでガートナーは、2028年までに「ユーザーがデジタルの世界を認識し、相互作用する方式(「マルチ経験」)の大幅な変更が発生した」と述べたことがある。例えば改善された音声認識機能と対話管理機能を備えた対話プラットフォームは、人々がデジタルの世界と対話する方法を変えるだろう。

バークは「今年ガートナーは全体の経験(TX)にその概念をさらに一歩前進させている。マルチ経験を顧客、従業員、およびユーザーの経験の分野と連携させる戦略である」と述べた。

彼はコロナ19により非接触インタフェースが日常化されているなど、デジタルの経験が大きく変化しており、相互作用のリモート化、仮想化、分散化現象が加速されることにより、組織はTX戦略が必要だと強調した。 

8.インテリジェントコンポーザーブルビジネス(Intelligent composable business)
」インテリジェントコンポーザーブルビジネス」は、意思決定の方法を根本的に再設計する。人々がより良い情報にアクセスして機敏に対応するようにだ。豊富なデータと洞察に基づいてマシンの意思決定能力はますます向上するだろう。

インテリジェントコンポーザーブルビジネスは、再設計されたデジタルビジネスの状況は、新たなビジネスモデルでは、自律動作し、新しい製品やサービス、チャネルのための基礎を置くだろう。

バークは「効率性を目指し構築されたビジネスプロセスは、非常に脆弱な残りコロナ事態の中でバラバラに出てしまった」と述べ、「収拾に乗り出したCIOとITリーダーは、ビジネスの変化速度に適応するビジネス能力の重要性をますます理解ている」と言及した。 

9. AIエンジニアリング(AI engineering)    
バークは「自動化の必要性がますます大きくなり、人工知能(AI)が、様々な分野に渡って成熟するだろう」と展望した。しかし、ガートナーによると、AIプロトタイプから生産段階まで行くプロジェクトの割合は、53%に過ぎない。

彼はAIが生産段階まで行くAIエンジニアリングが必要だと述べた。AIエンジニアリングは、マシンラーニングや知識グラフなどAIと決定モデルのガバナンスとライフサイクルを管理することに焦点が合わせられた分野だ。

この記事はNetwork WorldのMichael Cooney氏の記事を翻訳したものです。