DX関連ニュースや事例、ソリューションのご案内。

2021年の「Apple」の展望はいかに。AirTag、iPhone13、iPad、AR、watchなど

2021年Apple社の展望
昨年と同様に、Appleが2021年にはるかに大きな計画を進めている。
1.Mac
2.iPhone13
3.iPad
4.ARグラス
5.Apple watch、AirPod
6.AirTag(出るのか出ないのか・・・)
7.AppleTV

今年一年、Appleから期待できるものは、次のとおりと見られている。

MacそしてAppleシリコン 
昨年、Appleが、Macをアップルシリコン(Apple Silicon)を切り替え始めた。アップルシリコンを搭載したマックは信じられないほど肯定的な評価を受けた。予想ハゴンデアップルはスムージングされていない部分を解決しながら前に進むだろう。 

Appleは、Mシリーズのチップを継続して披露するものである。Appleで3ナノメートル(nm)プロセスアーキテクチャをベースにしてMacに移動することにより、16コア、24コア、32コアチップが今後数年の間に、Macファミリーに導入される見込みである。  

また、AppleはMacの新機能を実装しようと準備している。Mシリーズのプロセッサを使用すると、IntelベースのMacのよりチップ当たりのコストを削減することができるからだ。これは、Appleの立場から見れば、価格を下げると同時に、新しい技術を活用する機会であるわけだ。 

2021年には新たにリデザインされた16インチのMacBook Proモデルが発売されるものであり、この新しいMacBookのモデルにミニLEDディスプレイが搭載されると予想されている。このほか、Appleが最初にMシリーズのチップを搭載した23インチのiMacを披露見通しである。 

iPhoneの13(iPhone 13):正常ではないことがこれで、通常である
iPhoneの12がリリースされてから間もなく、次の世代を予測することは慎重を伴うある。とにかく、iPhone 12は印象的だった。そしてこれは、実現不可能であろうに見えた目標を上手く達成したようだ。ファンデミク期間も膨大な販売量を記録したためだ。 

次の世代では、何を期待できますか?予想みると、おそらくポートなしに無線で充電され、タッチIDセンサーを内蔵したディスプレイを誇り、120Hzプロモーション(ProMotion)ディスプレイと(約20%改善された性能を提供する)新しいA15チップを搭載したモデルではないか?また、ライダー(LiDAR)が標準で落ち着いたであろうと予測される。ちなみに、Appleが今後1年の間にフォルダブルスマートフォンを開発しているかもしれない。 

アイパッド(iPad)がさらに強力になるだろう 
アイパッドも2021年には12.9インチのアイパッドプロから始めミニLEDディスプレイを搭載すると見られる。また、Appleが今年独自開発した5Gモデムをアイパッドプロに適用することが予想される。このチップは、ミリ波(mmWave)をサポートする可能性が大きく、これは5G規格がまだ広く配布されていないいくつかの市場で限定的に使用されることを意味する。一方、一部では、普及型アイパッドとアイパッドミニが前より薄く軽くなるという推測を出した。  

今年もやはりオンラインで行われる「WWDC」を注目してみよう!
Appleの世界開発者会議(WWDC)2021は、昨年のように、オンラインで行われる可能性が非常に大きい。もちろん、オペレーティングシステムがWWDCの主人公だろうが、より多くのオブジェクトを認識することができるスマートたマシンビジョンインテリジェンスをはじめとする新たなARキットAPIも注目れるであろうと予想される。Appleの立場からすれば、開発者が新しいAR体験を開発することを奨励しなければならないからだ。 

ARグラス 
推測によると、AppleがARグラスを発売するための旅を続けているうちの1世代ARヘッドセットがすぐに発売される見通しだ。このヘッドセットは、iPhone用アクセサリーになると予想され、最近の報告書によると、Appleは、製品の設計の2段階に進入した状態だ。アプリケーションがない場合は、これらの製品は、限定的に使用されることを勘案すると、WWDCでソフトローンチを、今年中に最終的なリリースとAPIを見ることができると予測される。 

Appleウォッチとエアポッド 
Appleウォッチシリーズ7は、新しい健康センサーを搭載することが予想される。コロナ19ファンデミクを考慮すれば、少なくとも、継続的な血圧モニタリングとFDAの承認酸素飽和度測定器が導入あろう期待みる必要がある。有名アナリストグォミンれる今年の新しいアップルウォッチデザインが登場あろう予測した。一方、デジタルクラウンにタッチIDセンサーが搭載されるという噂も回っている。エアポットの場合、超広帯域U1チップが搭載される見込みであり、エアポットプロライトが発売される予定である。 

エアタグ(AirTag)が登場するか? 
筆者はエアタグが面白いれるまでかなり長い時間がかかるだろうと予想している。Appleは、自社の「私の検索(FindMy)」システムを活用できるように設計されたアクセサリーを開発しており、現在の推測によると、3月に登場する見込みだ。しかし、これは2019年から出てきた話だ。何かすぐに起きてだろうとあまり期待しないでください。 

そしてApple TVの
AppleTVにMシリーズのチップ?話にならないと思いますか?アップルは、自社のストリーミングサービス「テレビプラス(TV +)」とゲームのサブスクリプションサービス「アップルアーケード(Apple Arcade)」でARベースのゲームと増強されたTV体験をすべて実行できる「力」をほしいと思う。 

私たちは、すでにMシリーズのチップは、Appleの6KプロディスプレイXDRを快適に駆動することができることを知っている。特にテレビプラスを中心に、Appleのサービスプッシュは、2021年3月ごろから、より一層強化されることでしょう。