DX関連ニュースや事例、ソリューションのご案内。

5G産業IoT市場は2026年まで年79.1%成長を続けると調査報告

産業用5G IoT(IIoT)市場が2026年までに79.1%の年平均成長率を記録し、高速成長する見通しだ。2020年5億ドルに過ぎなかった市場規模は、2026年になると157億ドルに増加すると予測された。成長要因としては、製造業全体でIoTデバイスの数とトラフィックの増加、製造業で高い信頼性と低遅延ネットワークの需要の増加、重要機器の予防保守の必要性の増加などが挙げられた。

マーケット・アンド・マーケットが「2026年までに5G産業IoT市場(5G Industrial IOT Market by Component – Global Forecast to 2026)」報告書を発表した。報告書は、産業用5G IoT関連市場を構成要素、組織の規模、アプリケーション、エンドユーザーと地域に分け分析した。コンポーネントは、ハードウェア、ソリューション、サービスの分野で、アプリケーションは予測維持管理、ビジネスプロセスの最適化に詳細分野を区分した。

産業5G IoT市場が2020年に5億ドルだった市場規模が2026年になると、157億ドルへと大幅に増えることがマーケット・アンド・マーケットが予想した。年平均成長率は79.1%を記録すると予想した。(番号:MarketandMarket)

産業5G IoT構成要素の中で、ハードウェアは、5Gモジュール、ゲートウェイ、センサー、チップ等で構成されている。5G産業IoTの需要の増加は、すぐにこれらのハードウェア市場の拡大を意味する。報告書は、「コンポーネントとモジュールプロバイダでは、研究開発への投資と製造で活用することができ、特別なアプリケーションのためのチップセットを検討している。また、サプライヤーは、デバイスの小型化と他のモジュールとの統合など、いくつかの他の革新を追求している」と説明した。

特に、ソリューション分野は、予測期間より高い平均成長率を記録すると見通した。5G産業IoTソリューションは、大幅に製品、プロセス、人材、インフラ四つの要素を管理するために適用することができる。これにより、製品の生産工程、業務プロセス、人材配置、インフラストラクチャの管理などを効率的に改善することができる。つまり、資産ベースの投資収益率(ROI)を最大化し、生産コストと運用コストを最小化するために有用であることが報告の分析である。

たとえば、製品の生産に適用すると、センサ、制御システム、ソフトウェア・アプリケーションを活用し、完成品が生産されるまでの生産設備に沿って移動しながら、リアルタイムでの状態と情報を確認することができる。資産集約型産業では、維持、保守、修理、運用に必要な情報の確認と追跡が可能なため、維持及び補修時期の通知を受けて、効率的な資産管理が可能である。

リアルタイム人材の追跡と管理に適用すると、従業員を選定、配置、管理するためのプロセスを簡素化し、効果的に進めることができる。報告書は、「5G技術は、研修会および人事管理に前例のないレベルの変化をもたらすことができる可能性を持っている。5GはIoTと仕事のスケジュールを持って、各製造現場の様々な従業員に現場のリソースおよび装置を割り当てるなどの人材管理活動を自動化することができる」FKと明らかに、人の管理でのIoT活用の重要性について強調した。

組織の規模で見れば、大企業で5G産業IoTソリューションとサービスの展開の必要性が増加すると予想した。地域的には、アジア太平洋地域が最も高い市場規模と平均成長率を記録すると予測した。日本、中国、韓国、オーストラリアなどの国が戦略的にリードしている、5G、エッジコンピューティング、ブロックチェーンなどと一緒に5G核心技術が急速に成長すると予想されるからである。

産業用5G IoT関連の主要企業では、クアルコム(Qualcomm)、エリクソン(Ericsson)、ノキア(Nokia)、Huawei社(Huawei)、シスコ(Cisco)、AT&T、IBM、マイクロソフト(Microsoft)、シーメンス(Siemens AG) 、ベライゾン(Verizon)、シエラワイヤレス(Sierra Wireless)、チャイナモバイル(China Mobile)、チャイナユニコム(China Unicom)、ボーダフォン(Vodafone)、オドゥベンテック(Advantech)、ASOCS、ティーモバイル(T-Mobile)、ハニーウェル(Honeywell)、インテル(Intel)、ボッシュ(Bosch.IO)などがある。