DX推進の成功事例、企業の取組みを特集

Apple、新型ワイヤレスイヤホンはPowerbeats Pro 2が濃厚。

アップルの新しいワイヤレスイヤホン発売が近づいている。「Airpods」ではなく「Powerbeats Pro 2」(パワービーツ)が公開されることが分かった。これは韓国でのパワービーツのワイヤレスが電波法が通過したという情報から推測できる。

アップルのワイヤレスイヤホン右が「パワービーツプロ」

2020年5月9日、国立電波研究院の適合性評価の現状確認の結果、Appleの「特定の小出力無線機器」(モデル名A2453、A2454)が適して認証を受けた。ワイヤレスイヤホンなど放送通信機資材が販売されるためには、電波法に基づいて実施されている適合性評価を通過しなければならない。アップルは4月、米国連邦通信委員会(FCC)も同じモデルの認証を取得した。

米国連邦通信委員会のホームページに公開された文書によると、A2453とA2454は、それぞれ左、右耳に装着する「無線高性能イヤホン」のペアである。新モデルは、Bluetooth 2.4GHz帯を使用する。アップルが今年10月12日まで、このモデルの外部・内部写真、テスト設定の写真などをプライベート申請したため、他の情報は知られていなかった。

発売されるワイヤレスイヤホンは、Appleの子会社Beatsの「Powerbeats Pro 2」が有力だという分析が出ている。米国連邦通信委員会に登録された設計図に「ビーツ」と明示されており、形も「Powerbeats Pro 1」と類似している。去る4月、英国情報通信(IT)メディアテックレーダーは、Appleの新しいワイヤレスイヤホンがPowerbeats Pro2と推定されると述べた。Powerbeats Pro1は、アップルの人工知能(AI)の音声アシスタントシリと連動されているフィットネス特化イヤホンで、昨年5月に発売された。

発売時点の様々な展望が提起される。インドのIT専門媒体マイスマートプライスは来月6月22日に開催されるAppleの主要な毎年恒例のイベント「WWDC」で、新しいワイヤレスイヤホンが公開されることができると予想した。