DX推進の成功事例、企業の取組みを特集

Salesforceの韓国代表、”データ経営が企業体質を変える”

デジタルトランスフォーメーションの一環として、国内外の企業は、クラウド・人工知能(AI)・モノのインターネット(IoT)など、さまざまなソリューションの導入を検討している。一日が遠いしたまるデータの適切な活用は、すべての企業が解消しなければなら課題でもある。しかし、これらのデータに基づく意思決定を促進する経営環境の構築は、思ったほど難しいことではない。

完全な顧客を理解し、データ活用促進、データに基づいた洞察確保など、3つの重要な要素を考慮すると、持続可能性を導くデータに基づい経営環境への「経営体質の改善」が可能になる。

顧客に最適な理解と、単純に顧客情報を蓄積することから、さらに、顧客が好むソーシャルチャンネル、顧客が興味のある趣味のような様々な側面からの顧客を理解し、分析することである。お客様の360度ビューに基づいているため、カスタマイズやパーソナライズされた顧客体験を提供することができる。

特に組織のメンバーが権限と責任に基づいて蓄積されたデータにアクセスして利用することができる業務環境の構築は、転写部でのデータ活用を促進し、より接続されたブランド体験を提供することができるように助ける。顧客のインタラクションデータに基づいて、顧客が連絡していた製品を実際に購入する際に詳細な要件を再説明する必要なく、必要な製品とサービスをすぐに購入することができるからである。

たとえば、オンライン注文後、店舗から商品を受領するお客様は、店頭に訪問した際、オンライン注文時に記載したギフト包装、受領時間などの詳細を再度要求することなく、製品を受けることになるこのような過程が持続すればするほど、顧客のブランド忠誠心は高くなる。

AIは多様で複雑なデータから有意な洞察導出を助ける。蓄積されたデータを使用して、ビジネスの結果は、顧客の行動、最適の次の仕事のような事項についての予測をサポートすることにより、事前に潜在された経営の脅威を把握して、追加の機会を発掘するなど、市場のトレンドをリードすることができるコア競争力を確保することができる。

これは、企業の重要な意思決定の年間の成果の分析と戦略的計画、人的資源の補充や運用計画、事業拡大しないような案件の意思決定の最適化をサポートすることにより、「データに基づく意思決定→最適化されたビジネス運用→ビジネスの結果データの分析→データに基づく意思決定」という好循環エコシステムの形成を促進することになる。

「データ蓄積」は、もはや革新ではない。企業のリーダーは、蓄積されたデータをどのようなビジネス部門にどのように活用するかのような多数の課題に直面している。もちろん一気に革新をなすことは不可能である。しかし、組織の特定の部分から段階的に革新的な範囲を拡大していくことができる精密な計画と果敢なチャレンジ精神は、企業の将来をリード持続可能性の確保の礎となるだろう。