DX推進の成功事例、企業の取組みを特集

新型AirPods、光センサー搭載か。心拍、血中酸素測定可能に

アップルが次世代エアポットに光センサーを搭載し、健康に関連する測定機能を強化という見通しが出た。

25日(現地時間)、台湾デジタルタイムズなどによると、Appleが今後2年以内にワイヤレスイヤホンに光センサーを統合することが期待される。アップルは、健康との関連測定機能をワイヤレスイヤホンで実装するために、台湾のASEテクノロジーからセンサーを供給を受けることにした。

アップルウォッチに続きAirPodsも健康測定機能を導入しようとする意図と解釈される。ASEテクノロジーは「心拍数や歩数などの健康状態をチェックして、頭の動きなどを検出するシリコンパッケージを適用する」と説明した。

先にアップルが心拍数の測定のために光を利用するイヤホンヘルスモニタリング技術に関する特許を出願した。アップル専門のアナリストであるTF証券研究員もヘルスケア機能を強化した新しいAirPodsが発売されるという分析を出した。

「デジタルタイムズの報道が増え、正​​確なものではないことは考慮しているが、光センサーを搭載する耳心拍数や血液の酸素飽和度などを測定することになることができる」と説明した。続いて「指パルスオキシスメータは、光に血管を照らし通過する光の量で血液酸素量を測定するようにAirPodsに光センサーを搭載し、皮膚で測定することができるようになる」とし「ただAirPodsとAirPods proが耳に届くように再設計することなく、同様の機能を出すことができるかは定かではない」と説明した。