DX推進の成功事例、企業の取組みを特集

Amazom、自律走行スタートアップのZooxを買収

テッククランチによると、2014年に設立された粥ス約10億ドルの資金を調達しており、車両共有サービス(ride-hailing)のための統合ソリューションなどの自律走行技術を開発している。 

今回の買収に関連する具体的な条件や費用は知られていなかった。ただしAmazonはZOOX買収後も現CEOの独立した事業体として運営されると述べた。 

アマゾンは、それ自体で自律走行車の技術プロジェクトを続行してきた。例えば小型宅配便を出荷するように設計された「ラストマイルデリバリーロボット」から始まり、自律走行車スタートアップオーロラ(Aurora)に昨年初め、5億3,000万ドルを投資したのはもちろん、エムバック(Embark)の自律走行車をテストした。 

テッククランチは「ZOOXのビジョンを現実化することに注力する」というアマゾンの発表を見ると、今回の買収の焦点を、物流センターの運営に直接合わせ推進ないと思われるがジュクスの技術力は、アマゾンの運用面に簡単に取り入れことができと分析した。