DX推進の成功事例、企業の取組みを特集

韓国警察庁、AI音声技術を活用した調書作成システム構築

セルバスAIは警察庁が人工知能、音声技術を活用して、捜査官と、被害者の調査過程を支援するリアルタイム調書作成システムを構築すると発表した。このシステムは、年内ソウル、京畿地域や一部の地方59の警察署で試験サービスとして運営される予定であり、今後、全国255の警察署に拡大する計画である。

「AI音声認識性暴力被害調書作成システム」は、陳述調書の内容を自動的にテキストに変換、記録、保存して陳述調書をデータベース化されている人工知能の調査システムである。警察署内調べでは、そのシステムを活用して、被害者陳述会話を▲音声認識後▲リアルタイムに文書化して▲被害者相談内容を確認後、▲調書システムの登録と管理まで行うことができる。 

リアルタイム調書の作成機能を使用して調べでは、調書の作成負担から抜け出し、被害者と目を合わせて、適切なヴィトラック(共感)を形成し調査のための会話に集中できるようにされ、テキスト化プロセスは、画面をリアルタイムで監視し、修正が可能調書作成の効率も高めた会社側は説明した。

このシステムは、捜査官と被害者、二話し手を分離認識した国内初のカスタム調書自動化システムである。システム内での使用されたセルバスAIの人工知能ベースの音声認識技術は、捜査官と、被害者の音声をそれぞれ認識し、対象固有のダイアログの内容をすぐにテキストに変換すると、文調書を作成する。また、音声によるマルチモーダル感情認識を今年試験サービスとして適用して2021年には、被害者の感情認識機能をさらに高度化する予定である。

AI音声認識技術を活用して、自動的に作成される調書はすべてデータベース化されて管理され、被害者の調査に必要なデータ、法令等を知らせるAI捜査ガイドを提供することにより、迅速かつ豊富な調査を行うことができる。だけではなく、データに変換されたテキストの形態素と解析を介して、あらかじめ登録した重要なキーワードを抽出し、統計化が可能と犯罪予防と捜査資料として活用することができる利点もある。

警察庁の関係者は、「今回の音声認識ベースの調査支援システムの導入を通じ、調書の作成からデータを抽出し、管理まで行うことができ、業務の効率性が高まると同時に、被害者をさらに考慮した調査の進行が可能になると期待される」と述べ、「今後、そのシステムを活用して文書作業など反復的な仕事よりも正確で高度化された性暴力被害調査およびサポートに集中するようにしたい」と述べた。