DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

OK、Google音声検索のためにサイトを最適化する方法

Google音声検索最適化のヒントについて。Google検索順位チームの責任者であるAmit Singhalは、2013年SXSW InteractiveでGuy Kawasakiとの対話では、Google検索技術の将来について言及したことがある。過去10年の間に、Googleで最もエキサイティングな発展と結果の一つは、音声検索と自然言語処理技術分野であった。

今日の記事では、Googleの音声検索のユニークな特徴を詳しく見てみましょう。Googleは、革新的な音声検索技術を開発した方法の歴史を簡単に見て、その開発のために、Googleの大規模な検索方式にどのような影響を及ぼしたのか確認します。ビジネスとマーケティング担当者が音声検索を念頭に置いて、コンテンツ、広告キャンペーンや戦略を開発することができる方法を見てみましょう。最後に、我々は我々自身の最終的な開拓を勇敢と、今後数年の間に、Googleの音声検索がどのように見えるの推測します。

Googleがどのように革命的な音声検索技術を開発したのかの履歴をすばやく見て、開発は、Googleの大規模な検索アプローチにどのような影響を及ぼしたのか調べることである。企業やマーケティング担当者が音声検索を念頭に置いて、コンテンツ、広告キャンペーンや戦略をどのように立てなければならかどうかを調べます。最後に、今後数年の間に、Googleの音声検索がどんな姿かと推測する。


What Is Google Voice Search?(Google の音声検索とは?)

Googleの音声検索は、ユーザーが入力する代わりに音声コマンドを使用して、Googleを使用して、Webを検索することができる機能である。

Googleの音声検索は、デスクトップとモバイル検索の両方で利用することができる。場合によっては、ユーザーがGoogleのに “OK、Google」と言えば、認識をして検索用語を聞く準備モードになる。特定の携帯端末とオペレーティングシステムでハンズフリー音声コマンドを使用するかは、Googleのメイン検索ウィンドウの右側にあるマイクアイコンをクリックすると、使用することができる。

ユーザーが音声検索コマンドを有効にして使用する方法のほか、音声検索と通常の入力、検索の間には差がほとんどない。デスクトップで「近く(near me)」を検索さえも、モバイルデバイスで音声検索で実行されるようなクエリの結果と非常に類似している。

ユーザーは検索用語を言うか、または入力したにかかわらず、一般的な検索エンジンの結果ページに移動される。しかし、いくつかの例外があることができる。たとえば、同じ情報で場所行く方法を検索すると、モバイルデバイスとデスクトップで他のSERPを見ることができる。

しかし、概して、音声検索クエリは、ほぼ同じではありませんが、同様の結果を入力されたクエリで返される場合が多い。そのため、検索語を入力するよりも言うことがはるかに簡単で便利である。

Google Voice Search、Google Now、and the Future of Search(Google 音声検索、Google Nowと検索の未来)

Google音声検索は、Googleの仮想アシスタントのGoogle Nowの必須要素であった。Googleの強力な検索アルゴリズムと洗練された自然言語処理(NLP)技術が結合されたのは、ほとんどの人がGoogle NowがAppleのSiri、MicrosoftのCortanaまたはAmazonのAlexa仮想アシスタントよりもはるかに正確であることに同意することができる理由だ。

Googleの音声サーチ(Google Voice Search)を、独自のサイロに存在するスタンドアロン製品だと考えたいと思うかもしれないが、ここ数年の間に、Googleの製品群がどのように発展してきたのかを見てみると、数年後に検索の未来がどうか、実際に推論して見ることができている。

たとえばGoogle Analyticsでクロスプラットフォームコンバージョントラッキングを利用するとしよう。Googleは広告主とウェブマスターが複数で行われ、オフラインの切り替えと移行されたセッションをより容易に識別できるように多くの努力を傾けた。現在は、Google検索コンソールに音声クエリデータを追加することを検討している。

今日のマルチデバイスメディア環境で、単一のセッションでは、単一のデバイスの切り替えパスの時代はすでに過ぎたことをGoogleが誰よりもよく知っているからである。同様の情報を取得する方法が変わり、最適化のための一律的なアプローチは、近視眼的でありながらも、今日のオンライン環境では、完全に非実用的である。

What Are People Using Voice Search For?(人々が音声検索を使用する理由は?)

音声検索がますます人気を得ていることを知っているが、人々は実際に「音声検索を何に使用するか」と疑問を持ちがちだ。答えは人の年齢に応じて異なると言える。

下の図からわかるように、大人は、音声検索に道順を最も頻繁に使用される。運転中はハンズフリー音声検索を使用することがはるかに簡単に、安全であり、多くの現地の法律にも準拠することができるからである。

だけではなく、音声コマンドを使用してテキストメッセージを指示し、モバイル通話機能を活用して、時間を確認し、メディアを再生するなど、音声検索で、他の多くの用途があることを知ることができる。

まず、音声検索の適用に関しては、氷山の一角にも達していなかった。VoiceLabsの資料によると、2017年には約2,450万台のモバイル機器が世界中に出荷されるだろう。これVoiceLabsは、今年だけで「総装置空間」と呼ばれる3300万台の音声機器を作る。これは、音声検索の使用が増加し続けていることを示唆している。

Image / data via VoiceLabs

このような傾向は、他のデータにも反映される。サンフランシスコに拠点を置くスタートアップMindMeldによると、最近になって多くのユーザーが定期的に音声検索機能を使用し始め、過去6ヶ月の間には、ほぼ42%のユーザーが最初に音声検索を使用してしたと報告した。

Data via MindMeld

How To Optimize Your Site for Voice Search(音声検索のためにサイトを最適化する方法)

ほとんどの人は、サイトを音声検索に最適化されるようにする方法を疑問に思うことがある。良いニュースは、現在のSEOのベストプラクティスを活用すれば、やるべきことがほとんどないということだ。悪いニュースは、現在のSEOのベストプラクティスを活用していなければ、やることが山のように積まれているというものである。

  • ユーザーの意図と音声検索

これはほとんど痛みを伴うほど単純に聞こえるが、実際にあなたのアドレスと開設時間などの重要な情報をあなたのサイトに簡単に利用できるように保証することがあなたの最初のステップでなければならない。

次に、実際の製品やサービスについて考えてみよう。潜在的な顧客があなたのサービスを必要とすることを実現しない可能性があります。あなたの潜在的な顧客は、あなたがすることについて、一般的にどのような質問をするのか?ビジネスのための情報に基づいた意思決定を行うには、潜在的な顧客にどのような重要な情報が必要ですか?貴社のユニークな販売の提案は何であり、お客様のサイトにあるコンテンツを見ることがどのようなメリットを与えるのか?すべての質問を予測し、事前に回答しなければならない。最初から潜在的な顧客の意図を考慮すると、より大規模なWebサイトを運営しても、この問題をより簡単に解決するものである。つまり、顧客中心の考えを徹底したいところ。

  • 特定の検索エンジンの最適化

一部のユーザーは、Google以外の検索エンジン(GASP)を最適化する価値があるか疑問に思うだろう。

Image via Owlturd Comix

これらの疑問は、考えてみる意味があります。AppleのSiriはBingをデフォルトの検索エンジンとして使用するため、Googleではなく、Bingを最適化することについて検討することもできる。しかし、このような考え方は、いくつかの問題があり、最初は市場シェアであり、二つ目は、一般的なSEOの現住所だ。

AppleのiPhoneは有名で人気が多い。Gartnerのデータによると、2016年第4四半期に、Appleは、米国で最も人気のあるスマートフォンメーカーとして三星を抜いて世界最大のスマートフォン販売業者に選定されたという。しかし、Kantarの資料によると、iOSはまだ米国のスマートフォン市場シェアの31.3%に過ぎない。モバイル機器の販売は、多くの場合、大きく変動するが、これは、Google以外の特定の検索エンジンを意図的に最適化することが時間の無駄である可能性が高いことを意味する。

SEOの現住所は?Googleは常にコンテンツの関連性と品質が最適化しなければならない最も重要な要素という言葉を常に聞く。(著者はこの意見に同意しない。)最終的にはGoogle、Bing、Baiduのは、DuckDuckGoまたはその他の検索エンジンが作動する方式の微妙な違いは、サイトを構成し、最適化するのに影響を与えてはならない。

次に、サイトをより音声検索に最適化するためにどのようにすべきか?

Optimizing Ad Campaigns for「Near Me」Searches(「Near Me」検索のための広告キャンペーンの最適化)

AdWordsのを使用して、地域のビジネスに広告を掲載する場合は、 “私の近く(Near Me)”検索での可視性を最大化するために、いくつかの追加のステップがある。

  • AdWords の位置拡張を活用

AdWordsのの場所の追加情報拡張は、広告に興味を持っている潜在的な顧客にターゲットされるようにするには良い方法である。場所の追加情報の拡張を有効にすると、広告と一緒に会社の住所、電話番号、およびビジネスの方向を表示することができる。AdWords場所の追加情報拡張の利用方法については、このページで参照してほしい。

  • Google マップローカル検索広告の使用

Googleマップでローカル検索広告を使用することは、地域の人々に公開するには良い広告である。

モバイルGoogleマップのローカル検索広告の例
有機リスト上の有料結果の横にある紫色の「Ad」フラグを記録しておきます。

これらの目立たない広告は、ウェブ/デスクトップおよびGoogleマップアプリで検索結果の上に掲載されており、お店や場所に誘導するのに役立つことができる。Googleマップでローカル検索広告を使用する方法を学ぶGoogleマップのローカル検索広告のための包括的なガイドをご覧ください。

今回の投稿は、音声検索の可能性と前に進んでいる広告キャンペーンやマーケティングの取り組みにどのような影響を与えるかについて、より積極的に考えるきっかけになってほしい。

音声検索の未来に関しては、まだ多くの “不明”人々がある。しかし、確かなことは、音声検索が家電市場のような垂直市場でより顕著になるだけでなく、継続して、よりインテリジェントな、反応的であり、正確になるという点である。

いずれにせよ音声検索の誕生により、顧客中心に考え抜かれたサービスとしていかなければならない。そのうえで 音声検索最適化に備えていきましょう。