DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

音声認識で駐車場内の手間を全て完結する人工知能

KTが駐車プラットフォームベンダーパーキングクラウドと7日午前、ソウル永登浦区パーキングクラウド本社で`人工知能(AI)を適用した次世代駐車サービス共同開発`のための業務協約(MOU)を締結したと発表した。

KTとパーキングクラウドは今回の協約に基づいて国内最多230万基ジニーの加入者を確保したAI技術力と国内最大の駐車場プラットフォームベンダーのソリューションとノウハウを結合して、ドライバーに、より便利なAIベースの駐車場サービスを提供する方針だ。

両社は今回の協約に基づいて▲AI音声認識技術連動▲5G適用を通じたネットワーク二元化と安定化▲ビジョン(映像認識)AI技術の適用サービス▲次世代AIキオスク事業▲AIコンタクトセンター(AICC)ベースのクライアントセンター運営の革新など5つの方向からAI駐車サービスの開発を協力する。

AI駐車場のサービスが適用されると、現在のキオスクのタッチ方式で行われる駐車料金精算が簡単に音声コマンドだけで要求と支払いが行われるものと予想される。

また、画像認識AI技術を適用して、より便利な駐車場サービスを開発する予定である。両社は、最近、コロナウイルスによるアンコンタクト(非対面)サービスが注目されている状況で、AI駐車b場サービスがドライバーに高い呼応を得ることを期待している。

ギムチェフイKT AI・ビッグデータ事業本部長(常務)は、「KTはパーキングクラウドとのコラボレーションに基づいてAI駐車場を出し、顧客の生活を一層便利に作る」とし「KTはAIの専門企業としてAI技術を様々な産業に適用し優秀中小・ベンチャー企業と共同で、顧客の生活を変化させるサービスを継続的に披露する」と述べた。