DX関連ニュースや事例、ソリューションのご案内。

サムスン電子、AI搭載ロボット掃除機「ジェットボットAI」公開

ジェットボットAIは、インテルのAIソリューション(Intel Movidius)を搭載したロボット掃除機で自律走行能力が大幅に改善されたとサムスン電子は説明した。 

同社によると、サムスン電子は、既存のロボット掃除機のユーザーが最も不便な感じ走行性能を向上させるためのディープランニングベースの認識技術を適用してライダー(LiDAR)センサーと3Dセンサーを搭載した。ここで物事の食用高性能ソリューションであるインテルAIソリューションまで適用して多くの情報を迅速に処理することができるのが特徴である。 

ジェットボットAIはディープラーニングに基づいて、100万枚以上の画像を事前に学習し、主要な障害と家電製品、家具などを認識している。また、3Dセンサーが従来の2次元センサでは検出できなかった高さの低い物体、複雑な構造物の形状を認識して1m以内にある障害物の距離と形状を認識して事前に回避することができるようしてくれるとサムスン電子は説明した。

ライダーセンサーは、家の中にあるものを分析し、自分の現在位置を認識し、スペースの指導を生成する。これにより、ユーザーは、必要スペースや、特定の部屋だけを選んできれいにすることができる。また、ジェットボットAIは底部にある障害物だけでなく、家電や家具まで認識するため、家電や家具の周りの掃除も指定することができます。

ここでビックス非音声認識機能まで支援ユーザーが「冷蔵庫の周辺をきれいにしてくれ」といえば、ジェットボットAIが分かっその周辺をきれいにする。

ジェットボットAIは、無線機「サムスンジェット」に適用して、大きな人気を集めている自動ダスト排出システム「クリーンステーション」を適用して洗浄だけでなく、汚れを空にする過程までスマートになった。ジェットボットAIの清浄ステーションはダストカップを自動的に空にするだけでなくダストカップ洗浄過程で発生する可能性のある微細粉塵まで99.999%遮断する。 

サムスン電子は、ジェットボットAIを上半期中に韓国市場に発売する計画だ。