DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

Amazon、Google、百度、ディープラーニング戦争へ突入

アマゾン、グーグル、百度などの重要な情報技術企業は、ディープラーニング技術に多大な投資を注ぎ込んでいる。自社のビジネスモデルにディープラーニング技術を組み合わせて差別化した製品とサービスを作っている。アマゾンドットコムは、ショッピングの商品推薦、配送、物流予測などディープラーニング技術を活用した。最近プライムサービスのための音楽、画像、映像を認識し、無人の店舗であるアマゾンと、音声秘書サービスアレクサもディープラーニング技術を適用した。マシンラーニングを自動化するオープンソースのツールキット」オート文できた」も公開した。ソフトウェア開発者は、自分が作ったアプリケーションの中で、Amazonが提供するディープランニングモデルを適用し、活用することができる。アマゾンはオート文に来てからディープラーニングを普及することを目的と置いた。

グーグルも世界で最もディープラーニングに多額の投資をする企業に数えられる。2011年、Googleは脳プロジェクトをはじめとディープラーニングに注目した。Googleは1万6000台のコンピュータを接続して、1000万個のイメージを学習させ、猫の画像を区別するニューラルネットワークを発表した。以後、2014年、Googleは、英国スタートアップディープマインドを買収した。

Googleは、2015年マシンラーニングとディープランニングに重点を置いたプログラムのプラットフォームテンソルフローをオープンソースとして公開した。誰ニューラルネットワークベースのソリューションの開発が可能にした。Googleの自律走行部門であるウェイモデル(Waymo)もディープラーニングを利用して周囲の状況をより効率的に分析、対応する。加えて、Googleは、医療保健分野などでディープラーニング技術を積極的に活用している。

中国最大のポータル企業百度は、会社のディープラーニング技術プラットフォーム部門を作った。AI科学者やソフトウェアアーキテクト、開発者をしたために集めた。中国の唯一の開放ディープラーニングフレームワークである「パドルパドル(PaddlePaddle)」を作成し普及すると発表した。ディープラーニング技術を活用して写真を検索、写真の認識など、差別化したサービスを継続進化させている。ディープラーニング関連特許の確保にも積極的だ。AIの分野で、中国内の特許出願1位企業である。昨年10月に基準総5712件の特許を中国に出願した二重ディープラーニング関連の特許が1429社で最も多い。