DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

アマゾンのDX成功事例、Amazon Prime Now、AWS、Whole Foodsなど

Amazon.comはオンラインで構築したプラットフォームとオフラインの接点を積極的に試みている事業者である。今回この記事ではアマゾンのDX戦略について考察します。

オンライン小さな小売会社に過ぎなかったアマゾンが世界的な企業に生まれ変わるのに、わずか20年もかからなかった。創業26年目「低利益」戦略を駆使した、アマゾン創業者ジェフ・ベゾスは  すぐに目に見える利益より「市場の支配的事業者」になるのがはるかに重要だと考えている。すぐに利益を実現より少し時間がかかっても、アマゾンの生態系をがっちり構築する道を選んだのだ。アマゾンの創業以来、今まで守っている低価格政策は、既存の経営理論を崩しているという評価だ。アマゾンはオンラインで構築した硬いアマゾンのプラットフォームに基づいて、オフラインと接点を作り出そうと様々な試み(キンドル、アマゾンブックス、アマゾンとなど)を続けている。 


オンオフラインで構築されたアマゾンの生態系を拡張しようとする試みは「地球」を越えて「宇宙」に向かっている。2019年4月にアマゾンは  「プロジェクトカイパー(Project Kuiper)」に3,000個以上の衛星を打ち上げ、地球を3倍に覆い、全人類の95%が、衛星を介してインターネットを利用できるようにする計画を発表した。 

民間宇宙旅行を目的として誕生したアマゾン 「ブルーオリジン(Blue Origin)」は、テスラナイロンマスク「スペースX(Space X)に加え、将来の人類の生活の領域を「宇宙」という未知の領域に拡張させるものである。 

1994年、小さなオンライン書店から出発した  アマゾンの夢は、現在進行形である。アマゾン成長過程を多角的に見てみるのはいろいろな意味がある。ここ最近急激な問題を運転してきた「デジタルトランスフォーメーション」の観点から、アマゾンを見てみよう。 

まず、アマゾンプライムナウ(Amazon Prime Now)

アマゾンは「本」を筆頭にあらゆるものをすべて売って営業利益率1%というギリギリの線を守り、「低価格」で市場掌握をすることに成功する。アマゾンは発生し、収益のほとんどを電算網と物流など後方インフラへの投資した2014年12月に初めて登場した「プライムナウ」サービスが代表的な結果である。 最先端の物流倉庫や設備などを介して、ご注文後1時間以内に家の前まで商品を配達するサービスを世界で初めて実装をやった。乳製品、冷凍食品、肉、果物、野菜など迅速な配達を要する商品まで配信が可能である。 仕事帰りに必要なものを「アプリ」でご注文して、自宅で受領されることが可能になったことである。 

アマゾンプライムサービスは、メンバーシップ制され、年会費99ドルを出せば参加することができる有料会員サービスだ。配信は基本で、映画、TV、音源、電子書籍などの様々なサービスも提供する。 

第二に、アマゾンウェブサービス(AWS、Amazon Web Services)


アマゾンは、電子商取引だけでなく、サーバーレンタル事業、すなわちクラウドサービスも提供している。2002年ジェフ・ベゾスがブラックフライデーなどの人が集まるときに使用するサーバーが普段遊んでいるのを見て、これを活用するためにサーバーを開放するように指示を下し、このことが、今見ることができるアマゾンウェブサービス(AWS)の開始となる。アマゾンは、子会社であるAmazonのWebサービス(AWS)を介して、2006年、本格的にクラウドサービス事業を開始した。ジェフ・ベゾスは「クラウドサービスが水道や電気などの公共財の性格を帯びなければならない」と強調し、この  目に見えないサービスも低価格政策を固守した。その結果、Amazonは現在、クラウドサービスの市場で独歩的な1位を維持している。このことをきっかけに、Amazonは完全なIT企業に生まれ変わったという評価を受けた。アマゾンウェブサービス(AWS)は、2019年32.3%の市場シェアを達成しながら、不動の1位の座を守っている。アマゾンウェブサービス(AWS)部門は、現在、Amazon総利益の半分以上を担当ほど成長した。

第三に、ホールフード(Whole Foods)の買収に逆走行 


2017年Amazonはオーガニック製品を主力に販売している「ホールフード(Whole Foods)」を買収したが、引数当時137億ドル(約15兆4220億9000万ウォン)という史上初の金額を支払った。アマゾン史上最大規模の買収であり、オンラインベースの会社が大型オフライン企業を買収した最初の事例として記録される。アマゾンがホールフードを買収した当時、アマゾン歩みを疑う人が多かった。オーガニック製品を中心に、オフライン販売するホールフードとオンライン商取引を主力とするアマゾン間の相乗効果が出かという疑問が注がれたのだ。数年が過ぎた今日、Amazonはホールフードオーガニック製品を、米国の主要都市に翌日配送し、オンライン食品流通市場を主導している。 アマゾンは2017年6月のホールフードを買収し、同年11月にホールフード配送サービスやAmazonプロアマナウサービス(Amazon Prime Now)を統合した。2018年2月2時間以内にホールフード食料品を配達するサービスを開始した。

第四に、アマゾンブックス(Amazon Books)

2015年アマゾンはオフライン書店アマゾンブックス(Amazon Books)をオープンする。1994年に創業した、Amazonが1995からオンライン書籍販売を始め、20年ぶりに、オフライン売り場を正式オープンしたものである。基本的にアマゾンブックスは、Amazon.com拡張版でありながら、オンライン、オフラインの統合を追求する空間である。 


面白いのは、アマゾンブックスで販売されている本は、アマゾンドットコムでは、顧客が付けられたレーティングと線注文、販売量、推奨サービス(If you like)などに基づいて選択されて展示されるという点である。本を紹介する方法もつけて、読者が強調表示をしたデータを分析し、本を紹介しています。 

*アマゾンキンドル(Amazon Kindle):アマゾンの電子書籍端末の本が展示されるときは、できるだけ多くの本が本の前面部に見えるように備えているが、このまた、オンラインをそのまま移したものである。

このほか、アマゾンブックスは、紙の本のほかのKindle(Kindle)は、Bluetoothイヤホンエコー(Echo)、タブレットPCのファイアー(Fire)などアマゾンが作った各種デジタル機器をテストするスペースも備えている。アマゾンブックスは冷たいデジタル世界暖かい感性が生きている英国の小さな書店「ヘイウッドヒル(Heywood Hill)」でもあるようなパーソナライズされたキュレーションサービスを提供しようと努力している。

第五に、アマゾンと(Amazon Go)ストア

2016年12月、米国ワシントン州シアトルに最初の店舗を開いたアマゾンとストアは、従来コンビニ比の平均は約50%以上の収益を上げる知られている。アマゾンとは無人コンビニある。ユーザーは、スマートフォンで「アマゾンと「アプリをインストールして、店頭入り口でアプリをスキャンして、店頭に入る。店頭のあちこちには、高解像度CCTVが顧客をお勧めし選択する商品を識別する。選択された商品は、アプリを使用して、自動支払いされレジ係はない。 

無人の店舗「AMAZON GO」は2019年11月現在、米国内の16の店舗を運営している。ブルームバーグは、昨年9月にアマゾンが2021年までに「Amazon GO「店を3000個まで増やすことが予想されると報じた。 アマゾンとサービスコアは、「消費者データ」の確保である。売上より長期的に消費者の物品購買パターンを確保することが、より大きな利益があると判断したものである。このデータは、今後の店舗デザインやマーケティング、新製品プロモーションに適用され、新しいビジネスモデルを作成するために活用されるだろう。アマゾンとはウォルマート、コストコのように、従来のオフライン流通強者が堪えている状況で、新たな流通革新をもたらすことと評価される。

以上でアマゾンのDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略を説明しました。

アマゾンは一日の公開特許が3〜4件であり、1年であれば、1000以上の特許が公開される。この中には、私たちがよく知っている」予測出荷(Anticipatory Shipping)」、「ドローン配送」などが含まれている。このほか、地下にトンネルを開けて発送する特許とか、飛び回る物流センターなどの将来の可能性を持つ特許を続けて作り出している。 


アマゾンは、クラウド、人工知能、ビッグデータ、無人ロボット、遠隔通信などの4次産業革命を導く技術を誰よりも速く、積極的に活用しているのだ。 

ジェフ・ベゾスは、次のような言葉を残した。 

「発明をしてみると、いつも予期しない運が続くものだ。」
(On new ideas: “There’ll always be serendipity involved in discovery」)
」批判されることを恐れている場合は、単に何もしなければなる」
(On haters: “if you never want to be criticized、for goodness「sake do not do anything new”)

最後に、しっかりとした哲学を持った企業だけが、デジタル、デジタルトランスフォーメーションをリードすることができる。