DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

Apple社、リモートワーク支援に本格参入

アップルが小規模機器管理業者フリート・スミス(Fleetsmith)を買収した。今回の動きは、リモート勤務と個人好ましい業務機器の選択(employee choice scheme)のための支援ツールをアップルが提供になったという点で注目に値する。 

フリート・スミス社とは
Mac、iPhone、iPadのなど、アップル機器を対象と管理とセキュリティの自動化サービスを提供する企業である。

アップルはなぜ「フリート・スミス」を買収したのか? 
アップルは、IBM、SAP、ジェムプ(Jamf)、アクセンチュア(Accenture)、オラクル(Oracle)などの大企業や主要なパートナーと提携を結んで継続して、エンタープライズ市場攻略に拍車をかけている。この大規模な企業は、アップルのハードウェアを広範囲に展開された主要な顧客をサポートすることができる。 

アップルは、ビジネスコンピューティングに進出するもう一つの理由は、中小企業である。パラレルズ(Parallels)が進行したアンケート調査によると、55%の中小企業が現在のMacを使用している。この市場では、アップルのお客様は、自主的に技術サポートを提供するために慣れた。ただし、管理対象が徐々に増加し、すべてのアップルデバイスを管理する面倒なだけでなく、時間もかかるした。 

今パズルのピースが合わせられる。筆者の予測が正しければ、Appleは、中小企業が「もっと手軽に」機器を管理してきたボーディング(onboarding)を行うことができる統合されたソリューションにより、既存の機器の管理(Device Management)オファリングを拡大しようとしている。 

リモート勤務が「新しいオフィス」に据える 
コロナ19事態で、すべての企業が在宅勤務関連ツールを迅速にサポートしなければならいた状況で、このようなソリューションの必要性が如実にあらわれた。 

アップルCFOルカマスツリーは最近、アーニングコールで「すべての企業がリモート勤務体制に転換している。私たちは、変換プロセスでは、顧客をサポートすることができるコンテンツを制作した。例えばアイパッドやマックのリモート展開とセキュリティをテーマにしたカスタム学習ビデオシリーズだ。また、顧客が新しい仕事環境を検討することに備え、タイムリーに適切なサポートを提供することができるように、その小売事業とエンタープライズチームを再整備した」と明らかにした。 

これらの言及はまた、現在、Appleのオファリングのいくつかの弱点を明らかにように見える。マスツリーアップルのニューヨークのチームがフィットネスメーカーフェロートン(Peloton)と一緒に一晩、Mac(Macs)を配布し、これにより、ファンデミク期間中に、リモート勤務体制を実施することができたと伝えた。  

もしフェロートンアップルのツール配布を行うことができたならば、その操作がはるかにスムーズたものである。今回のフリート・スミスの買収の意義がここにある。今、アップルは、効率的なリモートプロビジョニングはもちろん、アプリケーション関連オンボーディングを支援する一連のツールを追加し、アップルのビジネス管理(Apple Business Manager)」を提供することができるからである。これは、前述した弱点を解決するのに役立ちます。 

サービスレベルを強化できる 
しかし、Appleが「モバイル機器管理(Mobile Device Management、MDM)」の分野全体を担う可能性は希薄に見える。企業の専門家のニーズが非常に多様であるからである。このように幅広い分野にサービスを提供するため、サードパーティの専門システムや機器の管理会社が不可欠である。例えばコロナ19事態の初期にバンク・オブ・アメリカ(Bank of America)が購入した数万個のiOSデバイスは、おそらくより洗練されたサポートが必要かもしれない。 

このすべての変更は、Appleがサービスレベルを向上させ、企業が新しい機器をより簡単に展開して、新規従業員をより迅速に適応させるようにすることにある。そして配布されるアップルの機器の数を増加させる役割もするだろう。これはまた、個人好ましい業務機器の選択ポリシーを裏付ける。 

その次はどうなるか?
今回の買収は、Appleの継続的なエンタープライズ市場攻略の脈絡を共にする。さらに、さまざまな機器の管理ツールを提供する計画は、市場占有率を高める触媒をする。 

その効果については、このように言いたい。エンタープライズ市場はますます「アップルに優しい(Apple-friendly)」に変わっている。さらに、アップル機器をより簡単に配布できるようになり、機器の採択が増加すると予想される。つまり、Appleのエンタープライズ機器の規模が大きくなるだろう。 

筆者は、2018年フリート・スミスの共同創設者ジャック・ブルームとのインタビューをしたことがある。当時、彼は次のように語った。「BYOD(Bring Your Own Device)は、将来の勤務形態、およびITの消費者化(Consumerization)などのエンタープライズ市場トレンドでアップルが主導的な役割をしてきた。 “

そうだ。今、アップルは「リモート勤務」という新しい時代を導くための作業に本格的に参入した。