DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

Appleウォッチが救助信号。水難事故を察知するライフガード機能の特許申請

アップルウォッチをガレージ水に陥る構造信号を自動的に送信し、特許が登録された。Appleが米国特許庁(USPTO)に出願登録した「ライフガード」機能を盛り込んだ文書を紹介した。

「リムーバブルヘルスケアパートナーの電子装置」(Portable electronic device as health companion)という名称のこの特許は、特に、水の中にいる状況を迅速に把握し対応する。アップルウォッチが多量の水にさらされた時、最初から水の中に落ちたのか、それともシャワーや、通常の水泳のような一時的な状況であることを優先判断することになる。

水の中に落ちたと判断されると、現在の位置を事前に決めておいた人や機関に転送し、着用者の身体の状態についての情報も収集して転送することができる。

現在接している水の状態も把握できるようにしている。塩分かどうかを把握し、海水のか、あるいは淡水のか認識することができ、これは、緊急時に必要な応急措置をすることができるよう支援する役割をする。

参考 Apple Watch で転倒検出機能を使うsupport.apple.com