DX関連ニュースや事例、ソリューションのご案内。

BMW、AWSと協力し自動車産業の新たなDXを推進

アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services、以下AWS)がBMWグループのデータと分析を中心意思決定を通じたイノベーションの速度を高速化するためにBMWグループとの戦略的協力を結んだと発表した。 

両社は、車両の設計からアフターサービスまで車のライフサイクルのすべての面での効率化と性能、持続可能性を高めるクラウドサポートソリューションを共同開発する。今回の協力の一環として、BMWグループは、100以上の国に位置事業運営部門のデータをAWSに移行する予定である。

これはBMWグループの複数コアITシステムと販売、製造、メンテナンスなどの業務のためのデータベースを含み、今後敏捷性を高め、新たな洞察を得て、新たな顧客体験をより迅速に革新するのに役立つだろうと会社側は説明した。 

また、両社は、最大5,000人のBMWグループの従業員は、最新のAWSの技術の教育を受けることができるように投資し、BMWグループのグローバル人材がデータをより有効に活用できるように支援する計画だ。

BMWグループは、戦略に基づいて、データを活用して、グローバル事業全般の革新を達成するために、Amazon S3(Amazon S3)に構築された企業全体のデータレイクイン「クラウドデータハブ(Cloud Data Hub)」を拡大に注力している。クラウドデータハブは、全従業員に、組織全体の共通の運営計画と新たな開発のための努力の中心出発点を提供する。 

BMWグループの従業員は、クラウドデータハブを介して、開発者とデータの科学者が、クラウドとエッジのマシンラーニングモデルを迅速に構築し、訓練、配布することができるよう支援するアマゾンセージメーカー(Amazon SageMaker)のような深い幅広いAWSサービスにアクセスすることができる。 

AWSとBMWグループは、革新的な製品とソリューションの協力を通じて業績を向上させ、サプライチェーンの透明性を高めようとすると発表した。BMWグループのPartChain Platformは、Amazon EKSのようなAWSサービスをオープンソースブロックチェーン管理ツールと連携して、自動車産業の非常に複雑なグローバルなサプライチェーン全体での自動車部品の主要原料のトレーサビリティを強化する。 

今回の業務協約の核心は、両社がBMWグループの従業員がデータと分析を実務によく適用し、最新のクラウド技術を最大限に活用できるようにするものである。AWSプロフェッショナルサービス(AWS Professional Services)とBMWグループのデータ科学者たちは、BMWグループの従業員と一緒に仕事の現場で事業的困難を把握し、新技術を評価し、自動車産業のための新しいクラウドベースのソリューションを開発する予定である。たとえば、両社は、自動車産業で使用される用語に最適化された自然言語処理ソリューションを開発する計画である。 

BMWグループは、AWSトレーニングと認定(AWS Training and Certification)の支援を受けて、最大5,000人の従業員を教育し、全世界の2,000人以上のIT専門家とソフトウェアエンジニアがマシンラーニングとデータ分析を中心にAWSサービスの認証を受けるして、企業の人的革新を図る計画である。

BMWグループIT部門CIO兼上級副社長は、”BMWグループは、仕事のやり方に、データを中核に置いており、AWSと協力して、私たちの強みを融合し、続いて、自動車業界の技術革新の基準を継続的に高め、全世界の顧客にエキサイティング新しい経験を提供することができるものと期待している」と述べた。