DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

GM、シェアリングエコノミーの見直し。カーシェアリング事業撤退

ゼネラルモーターズ(GM)が共有経済事業をたたむ。4月21日(現地時間)は、GMがカーシェアリング事業から撤退すると発表。

GMは過去2016年カーシェアリング事業に進出した。メリーGM最高経営責任者(CEO)など経営陣が野心的な開始した。その後、米国の自動車産業の中心地であるデトロイトをはじめ、シカゴ、ロサンゼルス(LA)、ワシントンDC、トロントなどで事業を進めてきた。しかし、昨年から事業規模を調整していた車にコロナ19事態に感染問題などにおいて共有経済への懸念が大きくなり、ビジネスを中断した状態であった。

GMはカーシェアリングの利用していた資産とリソースを、GMのグローバルイノベーション組織に移転して企業向けサービスに投入する予定だと<テッククランチ>にした。サービス公式終了時点は​​今年の夏になる見込みであり、共有経済事業の再入するかどうかなど、今後の計画については、まだ決定されたという立場だ。