DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

GM、運転習慣データに保険料割引を適用する保険サービスを発表

2020年11月18日(現地時間)、ゼネラルモーターズが保険代理店OIS「オンスターインシュアランスサービス(OnStar Insurance Services)」を立ち上げ、新規保険サービスを公開した

GMが保険事業に進出したのが初めてではない。GMは2009年の保険事業部門を売却している。ただし今回は、そのコネクテッド・カーサービス(OnStar)に基づいて、運転習慣データを保険料策定に反映するというのが骨子だ。 

ⓒGeneralMotors

GMによると、目標は、現在、米国では約1,600万人以上の顧客を保有しているたスターコネクテッド・カーサービスで収集された膨大な量のデータを活用するものである。このデータは、運転者に資産になって、安全な運転習慣に車両保険料を最大20%まで割引を受けることとGM側は説明した。 

オンスターインシュアランスサービスのCEOアンドリュー・ローズは、「オンスターとコネクテッドサービスに加入したGMの顧客は、保険料の割引を受けることができると同時に、完全に統合されたサービスを利用することができる」と述べた。