DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

Googleクラスルームの使い方

グーグルクラスルーム(Google Classroom)は迅速かつ簡単にオンライン授業と学習システムをサポートする教育クラウドサービスだ。コロナで遠隔授業が選択ではなく、必須とされ、クラスルームは、オンライン授業のためのソリューションとして注目を集めている。これらの中でクラスルーム製品の管理者であるイヴケスラーが「クラスルームを開始するために知っておくべき10の」というタイトルで、クラスルーム活用方法をGoogleのブログでは、次のように紹介した。

クラスルームステップバイステップガイドは、10個からなる簡単なメモ形式の説明と動画で構成されている。全体的なクラスルーム活用段階と方法を迅速に把握できるように段階的に簡単に説明し、重要なキーワードや詳しい使用方法は、リンクを介してアクセスできるようにした。グーグルクラスルームを活用すれば、教材や動画を共有し、リアルタイムでオンライン授業を行い、簡単なクイズ形式のテストを取り、性的に管理することができる。

グーグルクラスルームを使用すると、オンラインでの課題公開、データ共有、リアルタイムクラス、クイズや採点などで構成されている遠隔授業を簡単に進めて管理することができる。(画面:Google Blog)

その1

最初に、クラスの部屋は、Gmailアカウントがある場合誰個人的に自分のクラスの部屋を作成して使用することができる。しかし、学校の教師と生徒がクラスルームを利用して授業と学習を進めるには、学校のアカウント(G Suite for Education)が必要である。学校のアカウントを使用すると、学生が利用できるGoogleのサービスを決定し、追加の個人情報の保護とセキュリティ機能を使用することができる。

その2

クラスルームにログインすると、先生は、まず授業を作成するのに、授業(Class)]メニューで授業名、セクション、主題などを入力して開設することができる。授業は課題を受けてお知らせを掲載するなど、オンラインで授業を進めることができる仮想空間になる。授業の開設や参加は、PC上のWebブラウザを使用してもされては、AndroidやiOS環境のスマートフォンやタブレットにインストールされてアプリを使用することもできる。

その3

授業を開設したら、生徒に授業招待メールやコードを送信する。学生や学生のグループで招待するメールアドレスを選択した後、授業招待メールを送信すればよい。単純な文字列で構成されたコードを知らせ、クラスルームでの授業参加追加]をクリックして授業に参加することも可能である。コード生成は、設定メニューのオプションから選択することができ、同じ空間でクラスルームを利用して授業していたり、文字や通貨に直接伝えたいときに活用する。

その4

試験を受け採点した後、これを点数化することができる採点評価を設定する。採点の設定は、全体の成績なし(No overall grade)、総点(Total Point)、カテゴリー等級別重み(Weighted by Category)の3つの中から選択することができる。エッセイ、宿題、試験のように区分して等級分類を構成することも可能である。ただし、評価システム追加やカテゴリの作成は、Webでのみサポートします。

その5

課題を作成直接共有したり、ドラフトを保存し、後で公開するようにスケジュールする。課題の作成]メニューを活用して作成することができ、タイトルと説明などを入力すればよい。このように生成された課題は、複数のクラスに公開することができ、授業に参加したすべての学生や、個々の学生に公開することも可能である。それぞれの課題には、テスト、クイズ、宿題のようにカテゴリーを指定することができ、締め切りを選択することができる。

その6

授業内容についての簡単な試験を受けたいときはクイズを作成する。クイズは、Googleアンケートを使用して作成された後、課題に添付して生徒に配布することができる。クイズは、編集モードで変更したり、質問を追加することができ、再利用したり、公開する時期を選択することも可能である。学生がクイズを解いて解答を提出すると、フィードバックを追加して、成績を公開することができる。

その7

リアルタイムのオンライン授業を進めるときには、クラスルームでのGoogleミート(Google Meet)を活用する。グーグルミットは、2020年9月30日までに、Googleの学校のアカウントのユーザーを対象にプレミアム機能を無料で提供している。ミートプレミアムを活用すれば、一度に最大250人までのリモートビデオ会議や授業を進めることができ、最大10万人にリアルタイムストリーミング映像を提供することができる。

その8

学生がスムーズに遠隔授業に参加できるようにすることも重要なことである。そのためには、インターネットを利用することができないか、低いデータ転送速度のために困難を経験する学生を対象に、教師や学校が解決方法やサポート方法を知っているべきである。このため、教師がオフラインでなければならないことや、オフラインアクセスの設定方法などについて、別のブログのコンテンツを介して提供されている。

その9

視覚障害や視力の弱い学生がいる場合は、スクリーンリーダーを教師と学生が利用することができる。スクリーンリーダーは、オペレーティングシステムとブラウザの環境によって異なります。マイクロソフトウィンドウズでは、クロム(Chrome)ブラウザやFirefoxの(Firefox)環境のNVDAやJAWSは、Mac OS(macOS)はクロムでボイスオーバー(VoiceOver)、クロムOS(ChromeOS)では、やはりChromeブラウザでクロップボックス(ChromeVox)を介してサポートする。

その10

先生方に、様々な情報やツールを提供するホームティーチングハブ(Teach From Home)にアクセスすると、テーマごとに分けられたクラスルーム活用や設定方法のための材料を満たすことができる。例えばビデオ通話を利用した遠隔授業、ビデオ通話を使用していない遠隔授業、学生の継続的な参加誘導方法などの資料が紹介されている。また、Googleのクラスルームの顧客センターを通じても、詳細クラスルームの使用方法を見つけることができる。