DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

Google、植樹スポットをAIで見つけヒートアイランド現象を解決へ

都市がますます熱くなっている。地球温暖化への平均気温が高くなったうえ、コンクリートで建てられた都市に閉じ込められた熱の逃げ場がない。同じ都市空間でも特に熱いところが生じること、これをヒートアイランド現象(Urban Heat Island)という。Googleが「Tree Canopy Lab」プロジェクトを通じて、これらのヒートアイランド現象の解決法を提示しました。人工知能は、Googleマップエンジン(Google Earth Engine)、航空写真が利用されるが、Tree Canopy Labは、人工知能である。

コンクリートの建物がぎっしりと入って冷たい都市空間にヒートアイランドが発生した場合、様々な問題が生じる。熱気が都心の建物やビルの間に閉じ込められて移動していないので、気温が上がり、空気の流れが停滞するため、大気汚染ひどくなる。ヒートアイランド現象が生じる原因はいくつかありますが、これを解決するための最も効率的な方法は、木を植えるのだ。

GoogleがTree Canopy Labを介して、ロサンゼルス地域のヒートアイランド現象の解消のための植樹プロジェクトを進めている。航空写真とGoogleマップエンジンのデータ分析機能および人工知能を活用して、木が不足している地域を調査し、分析した後、これを地図にして活用する。(画面:Google)

Tree Canopy Labは、米国ロサンゼルスで木を植えプロジェクト試験的にサポートしている。航空写真と地図データを活用して木がどこにどのようかどうかは、その地域にどのように多くの人口が居住しているかどうかを確認する。これにより、どの地域が木が不足している状況なのか、その地域にどのよう厳しい熱危険にさらされているかどうかを確認し、これを基盤に木を植える計画を立てて実行するように助けを与える。

木の密度を測定するには、春、夏、秋に撮影した航空写真とGoogle地図エンジンのデータ分析機能、およびGoogleの人工知能技術が動員される。分析に使用されている写真は、人の目で見ることができるカラー写真だけでなく、実際の環境では、人の目で見ることができない環境を近赤外線写真撮影して、詳細なデータを追加し、別の角度の画像を加えて高さマップを作ることになる。

その後は、多くの写真を自動的にスキャンしながら、その中で木を見つける過程が進行される。この時、木を検出する人工知能(tree-detection AI)を活用するが、人工知能が木のカバー(tree canopy)と呼ばれる木が植えられた地域の密度を示す地図を生成する。こうして作られた地図は、木を植えるの可能性が高い住宅のブロックを区分して、木がほとんどなく、高温に弱い道路を見つけるのに役立てられます。

実際にTree Canopy Labでロサンゼルスを分析した結果、住民の50%以上が木のカバレッジが10%未満の地域に住んでいることが分かった。特に44%の住民は深刻な熱の危険地域に住んでいると分析された。これらの結果をもとに、Tree Canopy Labは2021年までに約9万本の木を植え、約1,302平方キロを超える都市全体に一年に2万本の木を植えるの目標を達成することができるように助けていくとのこと。