DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

iPhone、顔認識のフェイスIDをアップデート

アップルがマスクを着用しなければならする新型コロナウイルス感染症(コロナ19)時代を迎え、顔認識で、iPhoneのロックを解除する「フェイスID」機能を改善した。

フェイスIDは、利用者の顔情報を3次元カメラで読み取る認識し、iPhoneでロック解除やパスワードの入力、金銭の支払いなどを認証するセキュリティ手段として使われる。

最近リリースされたiPhoneのは、フェイスIDが主な認証手段として搭載されている。しかし、利用者がマスクを使って鼻と口がふさがっている場合には、認識に失敗したし、これにより、利用者は不便を体験した。

アップルはこの日発表した、iPhoneのOS(OS)iOSのアップデートを介して利用者がロックを解除しようとしたときにマスクをしているという事実をiOSが認識すると、まっすぐパスワードを入力する画面が浮遊するようだった。マスクを使っても、利用者を調べるわけではない、その代わりに、いち早く代替認証手順に進むようにしたものである。

従来はフェイスID認証に失敗すると、数回のペースIDの認証を試みたパスワード入力画面に進み行ったので、時間が長くかかった。

新しいiOSはまた、ビデオ通話機能フェイスタイムでのグループ通話をするとき言う人の顔を表示する画面の大きさが大きくなる機能を停止するようにした。また、コロナ19感染者と接触した人を把握し、コロナ19の検査を受けたり、病院に行け通知を送信する「露出通知」機能も追加された。

この機能は、利用者が住んでいる国や地域の政府の保健当局は、この機能を利用してコロナ19患者の接触者追跡アプリ(アプリケーション)を作成するときに使われるものである。