DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

iphone12はSEよりも値段下げ。Apple社の5G市場戦略

アップルが最初に出す5Gスマートフォン、iPhone 12(仮称)シリーズの価格が最低649ドル(約79万6200ウォン)に策定されることが分かった。昨年9月に発売したiPhoneの11の最低価格(699ドル)よりも低い水準である。後発走者であるほど価格を下げ5Gスマートフォン市場に正常に安着するという戦略に見える。

5月13日フォンアリーナなどによると、iPhone 12シリーズは、iPhone 12は、iPhone 12マックス、iPhoneの12プロ、iPhoneの12プロマックスの計4種類で発売される予定である。

5.4インチのiPhone 12は649ドル(128GB)、6.1インチのiPhone 12マックスは749ドル(128GB)から販売する。また、iPhoneの12プロ(6.1インチ)は999ドル、6.7インチのiPhoneの12プロマックスは1099ドルから始める。

iPhoneの12シリーズがアップル初の5Gをサポートして最モデルにもOLED(有機発光ダイオード)ディスプレイを適用するのにも、iPhone 11よりも価格を下げは異例という評価だ。

iPhoneのシリーズは、発売されるたびに、高価な議論があった。2018年の後半にリリースされたiPhoneのXSマックスは最高196万9000ウォン(512GB)に達した。最終的には販売不振につながった。

以降、iPhone 11シリーズでは、前作と同様の価格を維持し、誘導デザイン」論争にも人気を集めている。また、最近では、第2世代のiPhoneのSEを399ドル、韓国では53万9000ウォンで価格を策定した。

現在5Gスマートフォン市場の主導権は、サムスン電子が握っている。昨年4月、世界初の5GスマートフォンギャラクシーS10 5Gを披露した後、ギャラクシーノート10、ギャラクシーS20など、これまで全6種を発売した。

アップルとは異なり、サムスン電子の5Gスマートフォンは、すべて100万ウォンがふらりと渡した。ギャラクシーS20ウルトラは159万ウォンだ。サムスン電子は去る7日普及5GスマートフォンギャラクシーA51を57万2000ウォンに発売し、中低価のスマートフォン市場も攻略した。

iPhoneの12がリリースされた場合、スマートフォンメーカー間の価格競争が本格的に行われる見通しだ。

サムスン電子が、下半期に発売したギャラクシーノート11は、iPhone 12と正面勝負を行うだけ価格が重要な変数になると思われる。移動通信3社両社間の価格競争を歓迎している。特に、iPhoneシリーズは他のモデルよりも忠実な顧客が多く5G加入者の誘致効果を大きく享受できるという立場である。

通信業界の関係者は、「アップルの高価政策が、iPhone 11以降破られた。iPhoneの12が発売され5Gはもちろん、iPhone SEでLTE市場でも優位を占める可能性が高い」とし「これお見合いサムスン電子の中低価格の携帯電話ラインナップの拡大が期待さされている」と述べた。