DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

KIA、画像認識技術を活用した人工知能の自動車操作マニュアルアプリを開発

要点
スマートフォンで車両内部を照射すると、その機能操作方法を動画で詳細表示。GoogleのクラウドのAIプラットフォーム画像認識技術を活用し、対象物の正確な判別が可能なキーワード検索可能と車両インストルメントパネルの警告灯の画像の一覧と説明コンテンツをアプリで表示。

起亜自動車がGoogleのクラウド(Google Cloud)と一緒に人工知能(AI)ベースの自動車取扱説明書の「KIAオーナーズマニュアルアプリ(KIA Owner’s Manual App)」の開発を完了したと18日明らかにした。

「マニュアルアプリ」は、スマートフォンのカメラで車内を照らすと、その機能の名称とコア操作方法を動画で詳しく説明してくれる顧客利便性のアプリケーションである。

運転者は冊子形態のマニュアルをいちいち探してみても良いだけでなく、簡単な操作だけで、便利で、簡単に機能を理解できるという長所がある。

起亜自動車は2017年同様の機能を提供する拡張現実(AR)ベースのアプリケーションを開発して顧客に提供している。

しかし、拡張現実技術の特性上、新車発売するたびに、スイッチのレイアウトと形状を測定する必要があるため、維持管理が難しいうえに、グローバル市場の拡大展開に困難が続いた。

これらの制限を克服するために起亜自動車は、Googleのクラウド、メガゾーン(MEGAZONE)などと協力した。

3社は、スイッチの上に印刷されているシンボル(Symbol)自体を正確に認識する場合、問題を解決することができるという点に着目した。シンボルをすべての車種に標準化形で適用されているからである。

Googleのクラウドが保有している独自技術である「AIプラットフォーム」ベースのイメージ学習モデル(Machine Learning)を適用し、スイッチ内のシンボルをどのような角度から撮影しても、正確な判別が可能なようにした。

実例として、ユーザーがスマートフォンでステアリングホイールの「クルーズコントロール」のシンボルをスキャンすると、サーバーの通信を介して人工知能プラットフォームは、その画像を認識するようになり、これに合わせて「クルーズコントロール」の詳細機能を紹介する動画がスマート携帯電話で再生される。

起亜自動車は、今回のGoogleのクラウドとのコラボレーションの経験を生かし、今後も革新的なスマート技術を融合させた、顧客利便性のサービスを継続開発する計画だ。

また、「マニュアルアプリ」は、キーワード検索が可能な「デジタルオーナーズマニュアル」と、車両インストルメントパネルの警告灯の画像のリストと説明コンテンツも提供する。

起亜車は「取扱説明書アプリ」を今年の下半期以降、国内を含む全世界に発売予定の新車から順次適用する計画である。

起亜自動車の顧客チャネルのサービス事業部ギムウイソン常務は、「先端技術を活用したユーザーマニュアルをKIAだけの差別化された顧客体験を提供することができるようになった」とし「理解しにくい車両の各種機能を簡単かつ直感的なビデオを介して示すことによって、起亜自動車の新技術への理解と安全で楽しいカー – ライフを享受できるようになるだろう」と述べた。

チェギヨウンGoogleのクラウド・コリア社長は「製造産業用のビジュアル品質管理プロセスを自動化するために多く活用されているGoogleのクラウドAIプラットフォームをKIAオーナーズマニュアルアプリに導入することになり、非常にうれしい」とし、「AIベース飢餓オーナーズマニュアルアプリはAIがどのように企業の課題を解決し、顧客の経験を高めることができるかどうかを示すもう一つの革新的な事例だ」と明らかにした。

一方、「KIAオーナーズマニュアルアプリ」は、大胆な革新性を認められ、最近、韓国知能情報システム学会2020春季学術大会でインテリジェントアプリケーション部門大賞を受賞した。