DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

Nokia、5G戦略後手、中国企業による敵対的M&Aの噂

ノキアの何が起こっているのか?ノキアは、フィンランドの巨大通信機器事業である。そんなノキアが敵対的M&Aのターゲットになった噂が非常に現実的に流れている。

ロイター通信やTMTファイナンスなどは、Nokiaが敵対的買収の標的にされており、ノキアは、これらから身を守るために、投資銀行などの協力に乗り出し報道した。

しかし、ノキアの関係者はこれに対して、「ノキアは、市場の噂について言及していない」と述べた。解明また以上である。通常敵対的M&Aが事実である場合、当事者はこれを非難しながら積極的に防御するという釈明を出す。だからM&Aの専門家たちは、ノキアの敵対的M&Aの試みを事実である可能性が高いと受け入れている。

世界的な通信機器メーカーであるフィンランドのノキアが敵対的M&A説に包まれた。

4月16日、ノキアの株価は12.5%急騰した。これを置いて株式市場のトレーダーは、TMTファイナンスを引用して、ノキアの一部または全体のビジネスの敵対的なM&Aの試みから守るために、本格的に乗り出したと指摘した。

これと関連し、TMTファイナンスは、ノキアが174億ドルに達するM&A取引にその正規の銀行パートナーであるシティバンクを引き寄せたと述べた。

一方、今年2月にも、ブルームバーグは「ノキアが戦略的オプションを模索しており、諮問委員たちと一緒に、潜在的な資産売却と合併について検討している」と報じた。しかし、当時のノキア側はこれに対して、「報道内容に真実は全くない」と断定し、これを否定した。

ノキアは現在、エリクソンやHuawei社と競合するグローバル通信機器会社である。5Gネットワ​​ークインフラストラクチャの構築を課題として、市場でのシェアを占めるために機器会社の競争は今年に入ってさらに激しくなっている。

しかし、ノキアは5Gネットワ​​ーク構築の華為(ファーウェイ)とエリクソンに遅れをとっている。このため、株価動向はあまりよくなかった。今年初め、ノキアは10年という長い期間CEOだったラジーブ・スリを交換すると公表した今年3月初めペッカルンドマークを新CEOに選任した。

市場シェアの面でも、ノキアは緊急事態だった。昨年第3四半期まで5G通信機器市場でノキアは18.9%を占め、Huawei社(31.2%)とエリクソン(25.2%)に次いで3位を記録した。

フィンランドのノキアは、過去1865年に設立されたグローバル通信機器会社で、全世界120カ国に支社を置いているグローバル企業です。製紙会社として出発してゴム会社を合併して、1900年代初頭に、ケーブルや電子会社を設立し、電子部門に事業領域を拡大した。

1990年代までのノキアのコンピュータ用モニターは、世界最大のシェアを誇るし、その後、携帯電話で世界1位のメーカーに成長しており、2010年には、携帯電話の市場シェアが30%に迫るした。しかし、その後経営難が深刻になり、携帯電話やサービス事業をマイクロソフトに売却するなど、下向き曲線を描いてきた。

フィンランドのGDPの絶対割合を占める「フィンランドのサムスン」であったノキアは現在のクリティカルな状況になった。

敵対的M&Aを試みる企業体がどこか知られていないが、中国系との噂もある。巨大通信企業のノキアのM&Aの試みが実際に行われた場合、世界の通信機器市場の地図が変わるという見方である。