DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

駐車場の表示はもちろん決済まで、自動車、デジタルプレート

車両をネットワークに接続するデジタルプレートの登場

流通業界のように、自動車業界でも電子インジケータを通じた変化が期待される分野があります。まさに「デジタルプレート(Digital License Plate)」です。従来の車のナンバープレートがデジタル方式に変更されている技術です。

2018年1月には、米国で開催されたデトロイトモーターショー2018で「アル・プレートプロ(RPlate PRO)」という名前のデジタルプレートが最初に発表されました。電子棚札のようにデジタルプレートも電子インクを利用しますよ。バッテリーの消費量が多くなくて太陽熱でも十分に充電することができます。

デジタルプレートは、個人に焦点を当てたことが重要です。車両固有の番号はそのまま維持して、運転者が必要な情報をカスタマイズで追加渡すことができます。アルプレートプロの場合は、ディスプレイを介して表現される番号や画像の標準の遵守事項のみ守れば、運転者がスマートフォンアプリでプレートをデザインすることができます。

プレートにメッセージも送信することができますよ。例えば、障害者の運転車や妊婦や乳幼児の搭乗車両のように、道路上で知らせたい情報を簡単に見ることができます。また、車両が盗難された際には、アプリでコントロールして、デジタルナンバープレートの盗難車であることを示すことも可能です。

特に駐車場のIoT(Internet of Things)センサーと連動する活用範囲がさらに広がります。デジタルプレートを活用すれば、駐車時間を確認するために、あえて領収書を取り出す必要がないですね。デジタルナンバープレートの車の駐車時刻を表示し、これをアプリと連動して簡単に見ることができます。また、障害者と妊婦車両の場合、デジタルプレートに公式認定された情報を表示すると、顔色を見ずに、まず駐車場に車を立てることができでしょう。デジタルプレートに決済口座やカードを連動する駐車費用まで簡単に決済が可能です。

デジタルプレートが適用されると、さまざまな情報を保持することができます

デジタルプレートは、ドライバーだけでなく、政府や企業の立場からも有用である見込みです。まず、政府は、道路上の車両の流れを制御するために、デジタルプレートを活用することができます。詰まった高速道路でデジタルプレートを介して互いに移動状況を共有すれば、運転者は、リアルタイムで交通量を確認することができのです。道路上の緊急事態が発生した場合、デジタルプレートを介していち早く警告することもできます。企業は、デジタルプレートにカスタマイズされた広告を浮かべるなど、効率的なマーケティングを狙うことができます。

一方、デジタルプレート導入に懸念される問題点もあります。プレートが一つの機器になるため、これをハッキングして、特定の情報を奪取したり、操作する可能性があります。前述アルプレートプロの場合、個人情報を保護するために、オンラインバンキングと同じセキュリティ標準を使用するなど、注意を払うのです。

交換にかかる費用も問題です。デジタルプレートは、ディスプレイが搭載されるため、従来のプレートよりも高く故障した場合、追加の費用がよね。また、ディスプレイが故障した場合の緊急状況で車両番号を正しく確認することができない問題も発生します。

デジタルプレートの導入を推進する都市

米国に続き、ドバイでも導入を推進しているデジタルプレート

指摘した欠点にもかかわらず、デジタルプレートは、車両をネットワークに接続して、様々な付加機能を提供することができるという点で注目されています。現在のデジタルプレートは、米国を中心に普及していますよ。カリフォルニア州とアリゾナ州をはじめとミシガン州、ワシントン、メリーランド州など多くの州で試験導入されたり、合法的に使用中です。加えて、ドバイでもデジタルプレートの導入を積極的に推進しています。プレートに運転者の口座を接続して駐車、罰金などを自動的に引き出したり、救急車が事故車の位置を見つけるためにデジタルプレートを活用する方案をテストする中です。デジタルプレートを介して、交通状況や事故の状況などの情報を収集する研究も並行しています。

デジタルプレートについての議論が拡大場合、他の国よりも一層迅速に普及されることもあるでしょう。デジタルプレートの拡散は、今後、自律走行システムとスマートシティを実現するための道路上のデータを確保するのに役立ち見込みです。今後の欠点は、補完し利点をより生かす方向にデジタルプレートが発展することを期待してみます。

事業構造を改革するデジタルトランスフォーメーション@米家電見本市2020ふりかえり